DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

学習計画は具体的な内容を決めるべし!

    事前計画を立てる時に、何時から何時までこれをやってという決め方もあります。しかしこれだと、時間を気にし過ぎるあまり内容がおろそかになってしまう可能性があります。ここではそうならない為の、計画の立て方を紹介します。

    時間で決める計画が効率悪い学習の原因に

    事前計画を立てる際に多くとられる方法のうち、時間で決めるものがあります。

    確かに、日常生活との両立を考える上では時間配分も大切ですが、それだけで決めてしまうと時間を気にし過ぎる事で集中力にかけてしまったり、逆にだらだらと無駄に時間が経過してしまったりしてしまう場合があります。

    これだとせっかく割いた時間がもったいないですよね。

    では、どのような視点で計画を組めばよいのでしょうか。

    具体的な内容をノルマとするべし!

    一日の中で確保する事の出来る時間を出した後、「この位だったらちょっと頑張ればできる」といったボリュームになる様に、具体的な内容で決める様にします。

    そうする事で、学習時のノルマや目的をはっきりと捉えやすくなり、集中して取り組む事がしやすくなるため、その分学習効率を上げる事が出来るのです。

    また一日のノルマが達成されればその日の学習は終了となるため、精神的にも過度の負担を避ける事が出来ます。

    何故ならノルマが達成されてしまえばあとは自由になるので、学習に縛られ過ぎずに進める事が出来るからです。この事は、英語の学習を継続させ易いものとします。

    学習は時間でなく質と心得るべし!

    時間で計画を決める事は目ではっきりと認識しやすく、何時間やったという様に実感を感じやすい事から、採用されやすい傾向にあります。

    しかしこの場合、内容が指定されていませんからどう過ごしても時間は過ぎてゆきます。

    つまり学習自体はあまりしていなくても、やったという誤解をしやすいのです。

    これが勉強したのに、なかなか身にならないとなってしまう原因の一因なのです。

    継続できて自分を伸ばす具体的なノルマを決める!

    この様に、学習計画を立てる上では学習内容に重点を置き組む様にしましょう。

    そうする事で、質の高く内容の濃い学習を行う事が出来ます。

    この時に、ちょっと頑張れば達成できる量になるようにする事で、継続できかつ英語力を効率よく伸ばし易いものとする事が出来ます。

    進めるべきは時間でなく学習です。

    一日の中で何をどこまでやるか。これを基軸に計画を立て有意義な学習として下さい。

     

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆