DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

学習者思いの教材と学習者思いでない教材の見分け方!

    現在英語教材には、同分野でもその教材一つ一つ特徴が異なり様々なものがあります。その中でも、教材として優秀なものを選ぶにはどうしたらよいのでしょうか。ここでは、教材として良質なものを見抜くためのポイントを紹介します。

    学習者思いの教材とは?

    学習者思いの教材とはいったいどのようなものでしょうか。

    それはズバリ、学習部分と復習部分がしっかり組まれているものです。

    どの様な事柄においても、理解できなければ学習としては成立しませんし、復習もしなければ、せっかく学んだ事柄を成立させる事が出来ません。

    ではどういった目線で見る事が大切なのでしょう。

    テキスト部分の解説がきちんとされている

    まず学習において重要な点です。

    得意な部分であれば、簡単な解説でも飲み込む事が出来るでしょう。

    しかし苦手であったり、まるっきり初めてであったりする場合はどうでしょうか。

    この場合必ず最低数回は、どこかで引っかかってしまいます。

    その様な時ポイントとなるのが、如何にして後腐れなく乗り越える事が出来るかという点です。

    そこが理解できなければ先に進めないのは当然ながら、もしそこを飛ばして先に進もうものなら、そこから先の項目において躓いてしまうのは必至です。

    ではどういったものが良い解説といえるのでしょう。

    それは、初心者が陥りやすい弱点をきちんと押さえており、抑えるべき要点がきちんと強調されており、一目でわかる様になっているという事です。

    どの様な事であれ、初心者や苦手な方が陥りやすい傾向や、必ず押さえておかなければならないポイントというものがあります。

    学習中理解できないでいる場合大概、類似点の差が見えなかったり要点がなんなのかが見えていなかったりといった場合が多いものです。

    なので、そういった時こそ一目でぱっとわかるような工夫がされている必要があります。

    例えば文法であれば、なぜこういった文構成になるのかといった解説が必要になります。

    もしこういった事がなされていなければ、いつまでたっても進まず学習自体成立しなくなってしまいます。

    なので、店頭であればぱっと複数個所を見て理解出来る様なものが適切だといえるでしょう。

    復習にもきちんと力が入れられている

    特に語学関係において言える事ですが、せっかく学習しても使わなければ、忘れてしまいがちです。

    なので、先ほどの学習部分の条件達成を前提に、それよりも重点が置かれているぐらいでも良いぐらいです。

    問題演習等を複数回しかも、間を少しおいて出来る様な構成のものを選ぶと良いでしょう。

    また初級レベルであればなおさらですが、基本レベルと応用レベルそして総まとめ編といった具合に、三段階に分かれていれば尚良いです。

    内容と価格が最低でも釣り合っている

    こういった事柄がクリアしたうえで、価格がそれに伴ったものである事です。

    何故なら、きちんとした内容であれば相応の開発コストや、製造コストがかかっているはずだからです。

    内容が薄い割には高い、逆にやけに分厚い割には安い場合要注意だといえるでしょう。

    前者であればいわゆるぼったくり商品の可能性があり、教材図栗に誠実さがみられないという事になり、後者である場合には無駄な部分が多い場合があるので、上記によく注意して見極めましょう。

    もし内容も問題なく、低価格なのであればそれは、お買い得商品と捉えてよいかと思います。

    良い商品の売り込み文句はコレ!

    ここまでは本を開く事で初めてわかる条件でしたが、ここからはその売り出しているかいや等に視点を置き見ていく方法を紹介します。

    長期的に人気のあるものを選ぶべし!

    いわゆるロングセラであったりベストセラーであったりする類のものです。

    何故なら学習者からすれば、実用的でなければ売れないからという、いたってシンプルな視点です。

    また、長ければ長いほどきちんとした企業であれば、学習者側からのフィードバックの蓄積があるはずで、質も良いはずですからあとは自分との相性如何です。

    とにかく長く売れている即ち、少なくとも悪いものではないという若干主観がかった視点です。

    実績を重んじよう!

    上記項目をさらに客観化した視点です。

    資格関係であれば、何割の受講者が合格!等といったなるべく具体的な、うたい文句が良いでしょう。

    抽象的なものはいくらでも作りようがあるからです。

    つまり、実績がきちんと確認できない場合は上記項目を念頭に置く等、組み合わせると良いでしょう。

    対象としているレベルが明記されているものを選ぼう!

    教材選びで重要な事の一つに、自分の現在のレベルを客観的に把握する事が挙げられます。

    そうでなければ、難しすぎてしまったり逆に簡単すぎて、意味がなくなってしまったりする場合があるからです。

    そして自己レベルの把握が済んだ後、教材側に対象レベルが明記されていないと、自己と教材を比較する事が出来ないからです。

    よって最低でも、初級中級上級といった事が明記されていると良いでしょう。

    更に欲張るなら、語彙数何文字以上といったこと亜明記されていれば、学習の励みとなりより良いと言えます。

    アフターフォローがしっかりしているものを選ぶ!

    これは、学習全般を通したものとその商品に対するものが挙げられます。

    つまり、何かわからなかったり補足が必要であったりする場合に質問が出来る等の、学習サポート関連と会社側の自身の表れである返金サポートです。

    最初の方でお話しした通り、学習工程がクリアできなければ根本的に、目的を果たせずに終わってしまいます。

    しかし、学習には一人で乗り越えるにはどうしようもないときも存在します。

    例えば、日本語には無い英語特有のニュアンス等です。

    こういった場合、その世界に通じた人に聞くのが一番です。

    この事から、学習サポートはスクール等ではない以上重要な要素の一つと言えます。

    また返金保証に関してです。

    これの目的は何かというと、返金が生じては会社にとってはマイナスとなってしまう為、避けるであろうといったことを逆手に取った考えです。

    つまり、どれだけその商品を真剣に作ったかを図るのであえて返金でなくても、それがわかればよいでしょう。

    学習者思いの教材で末永く英語を学ぼう!

    英語に限らず語学を新たに学び、きちんとものにするにはある程度の期間が必要です。

    その為には、目的を具体的に捉え必要なスキルを明確にしその上で、自己分析も必要です。

    その上で教材選びをする事になりますが、たとえ自分のレベルと目的に沿うものであっても、質のある程度良い教材でなければ、快適な学習は望めません。

    その為には購入をせかすような販売文句であったり、絶対できる等といった文句であったり、何パーセントオフといった価格のお得さを前面に出したものはもってのほかだといえるでしょう。

    何故なら、自分の学習の良きパートナーとなる教材選びに焦りは禁物であり、個人個人学習傾向が異なる事から絶対という事はあり得なくまた、価格重視は目的にかなうものではなくもっての他だからです。

    以上の事に留意して、良き学習パートナーとなり得る教材を探し出し、快適で有意義な英語学習ライフを送ってください。

     

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆