DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

学習時において必要な学習と復習の割合は人によって異なる!

    学習する時大切になってくるのが、学習と復習です。しかしこれらの配分は、皆同じというわけではなく、それぞれ異なってきます。ここではそれらが、なぜ個人間で差が生じるのかそして、自分の配分の見つけ方等について紹介します。

    学習と復習にはそれぞれ意味がある!

    よく勉強において重要視されるのが、学習と復習の組み合わせです。

    しかしこれらはなぜ重要視されるのでしょうか。それはそれぞれにおける役割の違いから起因するのです。

    まず学習時においては、学習内容の獲得に重点が置かれこの中では、それらを理解する事も含まれます。

    例えば単語暗記や文法用語の理解と暗記また、新しい内容でのリスニングやリーディングといった事柄です。

    一方復習時においては、それまでに得た学習内容を忘れないために、振り返ったり同じ事柄について視点を変えみてみたり、といった弱点や抜け落ちの確認に重点が置かれます。

    例えば、単語の復習であったりそれまでに触れた英文を聞いたり読んだりする、といったものです。

    つまり学習時に記憶し、復習においてそれらを定着させるのです。

    これらの両方が、学習には絶対条件で必要でありどちらか一方が不足しても、勉強という意味においての学習は、成立しえないのです。

    自分に合う学習と復習のバランスを見つけよう!

    学習において必要な両者ですが、その適した配分の割合は人によって異なります。何故なら個人によって、新たな物事を覚えるスピードや性格が異なるからです。

    つまりその人に適した学習と復習の割合は、新たな物事を覚えるスピードや性格また学習の仕方や弱点傾向そして、習慣等で決める事が出来るという事なのです。

    例えば、学習スピードは速いけどおっちょこちょいでケアレスミスをしやすいまた、忘れやすい等といった場合には、復習に重点を置きますし逆に、物覚えは悪いけど一度覚えてしまえばなんてことはないといった方は、学習に重点を置きます。

    他にも、この分野のここだけ間違えやすかったり忘れやすかったりする場合には、他の部分では学習優位であっても、その分野だけ復習に重点を置く必要があります。

    そして実際は大丈夫なのだろうけど、記憶力に自信がないといった場合にも無駄なパニックを避ける為、復習を優先させます。

    自分なりのバランスで快適に学習しよう!

    この様に学習と復習において、どちらを優先させるかといったバランスは人それぞれ異なるものであり、誰かが決められるものではありません。

    そしてそれらを探るには、自分の覚えの速さやどうしたら学習しやすいか等といった、傾向を知る必要があります。

    もし自分の傾向等が良く分からないといった場合には、いろいろと試行錯誤をしその上で、結果や思ったこと等を記録し、分析しそれを繰り返す事で見えてきます。

    そしてそれらを基に、オリジナルの配分を見つけ実行する事で快適に英語学習を進める事が出来ます。

     

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆