DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

学習した英語は実際に使い確認する事でより定着する!

    英語に限らず何かを学習する時には、覚えるだけではいつの間にか忘れてしまいます。定着させ確かなものとするには、それらを実際に使ってみる事が大変重要となってきます。ここではなぜ、実践が重要であるのか紹介します。

    なぜ覚えるだけでは忘れやすいのか?

    学習と復習をきちんとこなしても、なぜ忘れてしまうのでしょうか?

    それは、学習と実践では脳の使い方が異なるからです。

    学習と復習は主に、自分と教材の関係でしかなく、単調であり一方的なものとなりがちです。

    しかし実践は異なり、英会話であれば生身の相手がいますし資格を取得するにしても、毎回異なる問題が出題されます。

    これらの違いは何かというと、想起に重きが置かれることや対象となる英文が異なる事です。

    教材は様々なものをいくつも利用しない限り、多様性はなく英文を丸暗記してしまい無意識に内容を理解せずに、先へ進んでしまう状況もあり得ます。

    一方実践においては、それぞれのスキルを複合的に用いなくてはならずそれを行うには、多方面から英語に関わるスキルを扱う必要があります。

    その為には、初歩において特に言えるのですが、多くても用いる教材を二つくらいにしないと内容の理解がしがたいものとなり易くなってしまいます。

    何故なら基礎において必要とするのは、応用力ではなくしっかりとした理解と、それに基づいた記憶即ち知識化だからです。

    つまりしっかりと英語を身につけるには、きちんと理解し記憶した上でそれらを、自分の力で活用する必要があるのです。

    実践に移しやすい学習法とは?

    当たり前の様な事ですが使えなければ意味がありません。ではより実践へと移しやすい学習法とは、どういったものなのでしょうか。

    それは一言でいえば、五感をフル活用する様に読んで書いて聞いて見る事を、組み合わせる事です。

    単語を覚えたり文法書で文法を理解し記憶した後に、日記を英語で書いてみたり自分で英語を使いしゃべってみたりする事で、バラバラだったスキルを複合的なものに再構築する事が出来ます。

    これが非常に重要なのです。

    英会話にしろ英文を読む事にしろ、一つのスキルで済む事はまずなく、複数のスキルが合わさる事で、初めて成立します。

    しかし教材相手では、複合的に扱う事を学ぶにはあまりにも単純すぎてしまい、それを補うには、自分で使うのが一番手っ取り早いのです。

    この状態に学習の段階で近いものが、五感をフルに活用する事なのです。

    何故なら読んで書いて聞いて見る事が、複合的な思考を要するからであり、実践の一歩手前の様なものとなるからです。

    覚えて使うまでが学習と心得る!

    学習というと、覚え復習しまた覚えの繰り返しだという印象が強いかと思います。

    しかしそれで完結するのではなく、実際に活用する事で学んだ知識を、統合させる必要があるのです。

    また知識が複合的統合的になるという事は、それだけ悩内で整理されより記憶に残りやすくなります。

    つまり実践も学習なのです。

     

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆