DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

喋れないには必ず理由がある!原因別に対処し英語をしゃべろう!

    英会話が出来ない。たった一言で済んでしまうこの事も、様々な原因により生じています。よってそれぞれの原因に合わせた学習により、乗り越える事ができるのです。ここではそういった事について紹介します。

    喋れない理由は大きく分けて二つある

    いざ外国人と話すとき、漠然と英語が出ないといった場合でも、必ず原因がありそれらは基礎が出来ていないもしくは演習不足といった、二つに大別する事ができます。

    つまり、自分の喋れない原因を究明しそれに合わせた学習をする事で、誰でも英会話が出来る様になるのです。

    まるっきり訳も分からなければ基礎不足

    まず外国人の言っている事が、理解できなければ返答の仕方もわからない場合は、英語全般における基礎学習不足といえます。

    よってこの場合、語彙数を増やしたりリスニングをしたりと勉強量の増加が必要となってきます。

    手段は、自分に合わせ選択する事になりますが、単語を暗記したり文法を学んだりといった、基礎的な学習となります。

    但しこの状況が指し示すのは、英会話に限らず英語全般における基礎が出来ていないという事ですので、尚更焦らずじっくりと取り込む事が必要となります。

    何故なら英会話においては、相手の英語を聞き取って理解しそして自分の英語で返す事が必須となるからで、これら全てが基本スキルだからです。

    また、シチュエーションと英語をセットで覚える事が大切である事も、念頭に置いておくべきだと言えます。

    英語を実際に使う場合、環境や状況の流れがあって、そこから使うべき英語が決まってくるからです。

    分かってるのに話せないのは練習不足

    相手の言いたいことは理解できるけど、英語で返せない場合は演習不足といえます。

    なぜなら日本人は、学校において読み書きは十分習いますが、聞き取り話す事については機会と必要性が低い事から、練習不足であるからです。

    とっさに自分の意思を、英文に直す瞬発力が足りないと言えます。

    つまり、せっかく学校で英語を習っても、学習スキルに偏りがありかつ練習の場が足りない事から、オーラルコミュニケーションのスキルを伸ばす環境が、日本には足りないのです。

    よって改善策としては、普段から意識して英語を話す機会を作り話す事が先決と言えます。

    例として挙げれば、スクールやレッスンを受けるまた海外旅行に行くのも良いでしょう。

    これらが難しい場合、テキスト等を音読するのも有効です。

    そして初級レベルであれば、基本学習に合わせ教材を用いフレーズを覚えてみるのも良いでしょう。

    スピーキングだけなら経験を積むべし!

    聞けるし読めるけど話せない場合は、それまでの学習能力を実践に生かすためのスピーキング練習不足といえます。

    その事からやるべきは、先ほどと同じく英会話の機会づくりをし、繰り返しスピーキングの練習を重ねる事です。

    自分の原因に合わせた学習をしよう

    英語に限らず会話が出来ない話せないには必ず、背景に原因があります。

    それらは、基礎学習が必要である場合や学習したことを実践へと結びつける必要がある場合そして、純粋に英会話の練習が必要なだけという様な事が挙げられます。

    そして、これらに沿った学習を行う事で、英会話を楽しむ事が出来る様になるのです。

     

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆