DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

同じ問題集を二冊使って文法をしっかりと身につけよう!

    初心者や英語が苦手な方にとって、文法は大きな壁として立ちはだかる事も多い事でしょう。しかしそれは、正しい学習法を知らなかったからかもしれません。ここでは、初心者でも文法を身に付けやすい学習法を紹介します。

    英語は反復学習と実際に使う事が大切

    英語の文法学習というと、文法書を使い調べたり自分でまとめたりして、学習を進めるイメージがありそれだけだと、せっかく覚えても使い切る事は出来ません。

    学習した文法を実用的な知識とするには、実際に使う事が大切です。

    文法は、あくまでも文を作る為のルールの様なものですので、いくらルールを理解し覚えても、いざ作ろうとするとどの構文があてはまるのか分からなくなってしまいがちです。

    それは何故かというと学習時はこの構文ではこういった文や、シチュエーションの時に用いますといった様に、構文から目的の文やシチュエーションを想起させる形になっています。

    しかし実際はその逆で、文やシチュエーションから必要とする文法を当てはめる事が出来なくてはなりません。

    つまり、学習時と実用時では必要とする脳の処理が異なり、それぞれに慣れる事が出来なければいけないのです。

    問題集を併用し確実な実用力をつけよう!

    この実用力をつけるにあたりうってつけなのが、問題集の使用です。

    さらに言えば、解説付きの問題集で回答と問題を分ける事が出来るものが良いと、言えるでしょう。

    これを文法書と併用する事で、たとえ同じ個所であっても異なった視点で解説がなされることから、より理解を深める事が出来ます。

    つまり、問題集と文法書で解説を補える形になる様にするのです。

    また、問題集を使う事で実用する時の模擬体験ができ文法を使う力を、養う事が出来ます。

    問題集は同じものを二冊購入しよう!

    学習した内容を確固なものとするには、反復学習が必要となってきます。

    しかし、文法書と解説を相補的にするには調べた事や、文法書とのつながり等を自分なりに書き込む必要があります。

    これだと、理解できたか覚える事が出来たかを、確かめる事が出来なくなってしまいます。

    そこで同じ問題集を二冊購入し、一方を学習用もう一方をいわばテスト用とするのです。

    テスト用の問題集には書き込まずに、別な紙に答えを書く様にします。

    こうする事で、反復学習も可能ですし理解暗記できたかを、確認する事が出来るので着実に学習を進める事ができかつ、自信をつける事が出来ます。

    二冊の問題集と文法書を使いこなせ!

    二冊の同じ問題集を文法書と併用する事で、反復学習や確認そしてただの学習から実用可能な知識へと、転化させる事が出来ます。

    これらの事が、文法をきちんと身に付け応用を効かせる上では重要なのです。

     

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆