DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

単語学習の秘策ってあるの?

    英単語の学習方法。単語を忘れない対策。英会話で覚えた単語を使えるようになる方法。工夫した英単語学習。TOEIC対策にも使える。例文も覚える。声に出す。ネイティブを真似る。日本語を英語にできるようになる。

    単語学習の秘策ってあるの?

    英語学習で困る事を聞くと、英単語の学習と答える人が意外と多くいます。

    どう困るのでしょうか?

    例えば、覚えたはずの英単語をすぐに忘れる、覚えた英単語が含まれる英文は読めるのに英作文や英会話に使えないと言う方がいます

    覚えたつもりなのに忘れる事があるのは仕方がない事です。

    でも、そう言っていると、英語学習は進みませんし、英語力もアップしません。

    そこで、英単語の覚え方も少し工夫してみましょう。

    ちょっとした工夫をするだけで、あなたのボキャブラリーは飛躍的に向上するかも知れませんよ。

    TOEIC対策にも使える英単語の覚え方。

    英単語を数多く覚えたい、ボキャブラリーを増やしたいと言う方は、何も英会話をしたい方だけに限った話ではありません。

    英語の資格試験のために勉強している方も、このように思っているはずです。

    英会話をする事を目的に英語学習をしている方は、日常会話に頻出する英単語が載っている単語帳で勉強する方が多いようです。

    それが資格試験の勉強になれば、英検対策の単語帳などに変わるだけです。

    また、TOEIC対策の英語教材などを購入して、頻出する英単語を覚える方もいます

    しかし、受験勉強をする感覚で単語を覚えていても、簡単に覚える事はできません。

    もし覚えたとしても、すぐに忘れてしまったり、実際の英会話で使う事ができなかったりします。

    そこで、そのような失敗をしないためにも、単語の覚え方を工夫してみましょう。

    例えば、次のような方法を試してみましょう。

    1:例文と一緒に単語を記憶する。

    2:覚えたい単語を言ってみる。

    3:ネイティブの発音を確認して、その真似をしてみる。

    4:日本語訳から、覚えたい単語を含んだ英文が言えるようにする。

    単語だけを覚えていても、英会話の中に使う事は難しいままです。

    そこで、初めから使えそうな例文を一緒に覚えます。

    こうしておけば、いざと言う時に、例文を基本にして英語を話す事ができるようになります。

    次に、単語を言ってみる事も大切です。

    口に出す事で、自分の声を耳で確認できるようになります。

    すると、普通に記憶するよりも、音と言う形で脳が受ける刺激が増えます。

    脳は大きな刺激を受ける程に、より鮮明に記憶すると言う事が分かっています。

    つまり、口に出すと言う作業は簡単でありながら、脳に対して適度な刺激を与えられる事になります。

    この事で、より深く記憶する事ができると思われます。

    また、ネイティブの発音を確認する事も脳に刺激を与える事になります。

    日本語とは違う音を聞く事になるので、脳は新しい刺激を受けたと判断します。

    これを利用しようと言う事です。

    最後に、日本語訳から英文が言える訓練をする事について。

    実際の英会話で覚えたはずの英単語を使えないのは、その英単語を使ってみる訓練が足りていない事も原因の一つと考えられます。

    だから、単純に訓練するだけでも、英会話で使えるようになる可能性は十分に考えられます。

    先ずはこのような事に注意して、英単語の学習をしてみましょう。

    何の工夫もなく英単語の勉強を続けるよりも効果があると思いますよ。

    何もしないままでは同じ事の繰り返しになります。

    少しずつ工夫して、自分に合う方法を探す事も大切な学習になります。

     

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆