DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

単語のスペルを覚えたいのなら口と手の両方動かそう!

    英語を書く上で、正しい単語のスペルがかけなくてはなりません。しかし英単語のスペルには、読まないアルファベットの存在等日本語と違う点があり、覚えるのは容易ではありません。ここでは、英単語スペルの覚え方を紹介します。

    スペルを頭だけで考えると効率が悪い

    英単語のスペルを覚える方法の一つとして、スペルの規則性を理解する方法が挙げられます。

    しかしこの方法、実は覚えるという意味では効率の悪いものなのです。

    英語に限らず人が物事を効率的に覚えるには、反復学習が重要となりますがそれと共に、脳の複数領域を使う必要があります。

    何故なら、ある記憶済みの物事を思い出す時様々な関連事項が、引き金として必要となります。

    よって、記憶する時に様々な事柄と結びつけておく事で、思い出し易くなるのです。

    スペルを覚えるなら手と口の両方を使おう!

    記憶時関連付ける対象はどんなものでも構いません。

    要は、脳の複数領域を使う事が重要だからです。

    そしてせっかく複数の箇所を使うのなら、より関連のある者の方が都合は良いものです。

    英単語の場合、各動作を行うのですから、まず手を動かす動作が含まれそれに合わせ、発音も覚える必要があります。

    よって、英単語を書くという捉え方ではなく単語を覚えるという視点でとらえ、目耳口そして手を動かすと良いと言えます。

    こうする事で、ある単語を思い出すときに直接スペルを思い出す事が難しくても、発音がヒントとなり頭文字が出てくれば、手を動かすという動作的な記憶と途中までの視覚情報も手助けとなり、記憶に残りやすく想起しやすくなるのです。

    しかし先に挙げたように、肝心なのは脳の複数箇所を使う事ですから、発音しながら単語帳を複数回読むだけでも、人によっては覚える事が出来るでしょう。

    つまり、覚える方法は個人によって異なりますが、単語を書くという動作の流れ的には、書きながら発音するという事を繰り返す事が、より効果的といえるという事です。

    脳をフル活用してスペルを覚える!

    脳の複数領域を使うという事は、言い換えれば脳をフル活用するという事です。

    つまり効率的な記憶の方法は、脳をフル活用する事だと言えます。

    こうする事で、たとえ暗記系統に自信がない場合でも、日本語とは異なる英単語のスペルを覚えやすいものとさせてくれます。

    またこれを繰り返すうち、記憶ものがしやすくなりより、英単語が覚えやすくなっていきます。

    あなたも脳をフル回転させ、英単語のスペルを覚えましょう。

     

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆