DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

初歩を学ぶなら一つの教材を集中的に用いて学習すべし!

    初心者や苦手である人ほど、基礎をきちんと学ぶ必要があります。それには教材を一つ多くて二つに絞り、とことん取り組む必要があります。ここではなぜ使う教材を絞る必要があるのか触れたいと思います。

    一つの教材でしっかり基礎固め!

    基礎をきちんと学ぶという事は、丁寧な学習が要求されます。

    何故なら、基礎という事は新たに学ぶことも多くその分弱点等が起きやすいデリケートな時期だと言えるからです。

    その様な時に様々な英文に触れてしまうと、要点が見えづらくなりかつ定着する前に、身についたという錯覚が生じやすくなってしまうのです。

    この事から用いる教材を一本に絞り、幾度も取り組む事で要点を確実に、染み込ませる必要があるのです。

    英文を覚えてしまってもそれを基に、応用が利くようであれば問題ありません。

    文法を例に挙げれば、問題集で典型例の文が出て来たときに、理由も一緒に覚えてしまうのならば、応用を聞かせ易いといえるでしょう。

    同じことの繰り返しが必要

    初歩であるほど、反復学習が必要になってきます。

    応用であれば、基礎から派生するものですので割と身につけるべき新たなものは、少なくて済みます。

    しかし基礎となるとそのほとんどが、新たなものですので身につくまでに相応の時間を要しまた、理解に重点を置くべきだと言えます。

    様々な文に触れるほど応用に近くなってしまい、要点を見失いがちです。

    これらの事から、同じものを繰り返し取り組み確実に身につける必要があるのです。

    何故ならば、確実に学習するには一度では忘れやすいからです。

    これは人の脳の仕組みに由来するもので、人の脳は大切なものしか記憶しない様になっており、その大切なものとは学習に関わるものでいえば頻出度の高いものなのです。

    そして基礎をしっかり学んだあと、様々な英語に触れる事でより確かなものとできるのです。

    しかしこれらは重ねて言うようですが、基礎をしっかり固めた後でなくては空回りの下となりかねませんので注意が必要です。

    大切な基礎では一つの事を繰り返そう!

    基礎は応用へとつながるものであり、そこがしっかりしなくては実践に置いて活用可能な英語を、身につけることは難しくなってきます。

    そしてそれには、様々な教材を用いて多様な英文に触れるよりも、一つの教材に絞り集中して取り組む事が重要となってきます。

    これは家を建てる事になぞらえる事ができ、基礎は柱それ以外の部分特に屋根が応用だと言えます。

    したがって、基礎がすべての前提条件だといえるでしょう。

     

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆