DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

偏差値を上げるなら目標の大学に応じた勉強を!

    受験における英語の位置づけは重要なものとなり、英語対策も受験にとって大切になってきます。しかしだからと言って、むやみに勉強してもそれは効率的ではなく偏差値も上がりづらいと言えます。ここで効率的な勉強法例を紹介します。

    赤本で傾向を知ろう!

    受験だけを目的とした学習なら、目標とする大学に合格する事が目標となりますので、それを目指し学習を進めていく事になります。

    そして全ての大学はそれぞれ傾向というものがあり、大学によって問題の出し方や配点の仕方そして合格ラインが異なります。

    何故なら大学にはそれぞれ、入学してほしい学生のレベルや人物像があり、大学側は受験だけで判断しなくてはならないので、それぞれの大学の傾向は、要求されるレベル等が変わらない限り、変更はされないのです。

    なので、受験勉強として英語を学習するなら、目標の大学の試験問題集である赤本で傾向を知り、どういった問題が出てそれを解くのに必要な学習は何かを、知って計画を立てていく必要があります。

    目的に沿った教材で学習!

    赤本で傾向がわかったら、必要な学習をしていく事になります。

    使える教材もいろいろありますが、出来るだけ必要なものつまり傾向に沿ったものだけを、選んで使う様にしましょう。

    短期間で成績や偏差値を上げるには、なるべく寄り道は避けたいからです。

    例えば、長文の読解問題が多いなら単語力と長文慣れをしておく必要がありますし、文法力を問う問題が多ければ、文法が分からないと解けないような問題を何度も解いたり、文法を復習したりする必要があります。

    なので、単語帳と文法対策のための参考書と問題集そして、長文対策等の傾向対策の様に、あえて分野別に用意する様にします。

    こうするもう一つの理由に、単語と文法では勉強の仕方が変わってくるからです。

    単語力を問う問題と文法力を問う問題では、たとえ同じ問題でも出し方が変わってきますし、覚え方も変わってきます。

    共通する事と言えば、覚えたら問題を解くなど使ってみる必要があるくらいです。

    よって、必要とする分野の教材だけを良く考え選び、使っていきましょう。

    赤本の問題で腕試し!

    赤本は、その大学の傾向を知る事が出来る以外にも、何年分もの過去問を解く事が出来るのもいいところです。

    なのでこれを利用し、ある程度学習が進んだら赤本で腕試しをして、目標の大学の傾向に自分の英語の能力を洗練させていきましょう。

    そうする事で、解けない問題が多かった大問がその時の自分の弱点なので、その分野を見直していく事が出来ます。

    この時に大切なのが、出来たところも復習をする事です。

    何が言いたいのかというと、復習はせっかくできたものを忘れない為絶対に必要な事ですが、出来なかった所は勉強し直すつもりでやりましょうという事です。

    つまり、赤本で腕試しをして自分の英語の能力が目標の大学に合ったものかを確認して、出来たところは維持するための復習をして、出来なかった所は勉強をやり直すという事が非常に大切なのです。

    傾向に沿った対策が重要!

    目指す大学によって、特に付けなくてはならない力が変わってきます。

    そして、そのつけるべき力によって、学習の方法も変わってきて必要な教材も変わってきます。

    なので、自分の目指す大学の傾向を赤本で調べ、必要な教材を選び使って勉強し、赤本で確かめる、こういった事の繰り返しが一番着実で効率的な方法です。

    また余談ですが、これは英語に限らずすべての教科でも使えるので、是非お試しあれ。

     

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆