DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

二つのポイントで語学留学を生かし英語力のレベルアップを図ろう

    英語の学習において大切な要素の一つである実践の場として、語学留学は有効だと言えますが、留学前と留学中に誤った過ごし方をしてしまうと、せっかくのチャンスを棒に振りかねません。ここではそうならない為のポイントを紹介します。
     

    周りに日本人がいない状況を作ろう!

    &nbsp
    当たり前のことですが、語学留学中においては英語だけで意思疎通を図る事になります。

    しかし、つい日本人同士で固まってしまったり国別のグルーピングになってしまったりと、現地での語学スクールや宿泊場所の環境により、周りに日本人が多くなってしまう場合が起こり得ます。

    こうなってしまうと、日本語が通じてしまいますから英語を使わずに済んでしまいます。

    海外留学の一番のメリットは、日本語が通じない事から英語を使わざるを得ない環境へ、身を投じる事ができる点です。

    なのに、周辺に母国語の通じる相手がいてはこれらのメリットも台無しになってしまうのです。

    よって、せっかく語学留学に行ったのであれば、多国籍のクラスを有する語学スクールを選ぶ、自分から積極的に外国人と話す等と日本語が通じない環境づくりを心がける様にしましょう。

    事前学習をしっかりと!

    &nbsp
    英語で意思疎通を図るためには、事前の学習も重要になってきます。

    最低でも、中学校卒業レベル位の英語力はほしいところです。

    何故なら中学で学ぶ英語の内容は、Iやitの使い方や時制といった基本的な表現を学習するからです。

    また、ある程度の英語でのコミュニケーション力を備えていないと、現地で意思疎通を図る事ができずに、これまたせっかくの英語を使うチャンスを不意にする事になってしまいます。

    よって、中学英語を身に付けておくことでぎこちないながらも、英語でコミュニケーションをとる事ができます。

    語学学習の可能性を生かせるかは自分次第!

    &nbsp
    語学留学の経験がある人また、語学留学に行くというだけで、英語をぺらぺら話せるまた話せるようになるという印象を抱きがちです。

    しかしあくまでもそれは可能性なだけであって、その可能性を生かせるか潰してしまうかは、留学者本人の心がけ次第といっても過言ではありません。

    英語スキルのレベルアップを図るという明確な目的意識のもとに、事前学習と現地での過ごし方を意識することで、語学留学の恩恵を受ける事ができます。

    またそれは、滞在期間が長いほど英語力の伸びしろは大きくなります。

    せっかく語学留学の機会が得られたのなら、日本にいるうちに通学程度のレベルまで英語を学び、現地ではできるだけ日本人のいない生活を送り、自身の英語力を存分に上げてきましょう。

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆