DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

中学校レベルの英文法をマスターして英語を話せるようになろう!

    英語を話せる様になるには、単語も知っている必要がありますが、文法的知識の学習も避けて通る事は出来ません。しかし文法は初心者にとって大きな壁として立ちはだかりがちです。ここでは、初級者向けの文法学習法を紹介します。
     

    例文を導入代わりに文法を理解しよう!

    &nbsp
    一般的な文法学習といえば、文法書を片手に行う方法ですが、この方法は初心者にとって、やりづらいものだと言えます。

    何故なら、日本の文法書では必ず「動名詞」等の専門用語が連なっているからです。

    またどうしても、抽象的な話が中心となるので肝心の具体例まで頭を回す余裕は、初心者であれば尚更生まれづらいものです。

    そこで有効な方法の一つとして、例文から手を付けることがあげられます。

    もちろん抽象的な概念も、いつかは理解しなくてはなりませんが、例文という具体例に当てはめ文法を学ぶことで、専門用語を理解できなくても例文からその文法の指し示す事を、理解する事ができるのです。

    こうすることで、いわば文法の学習に嫌気がさして中断してしまうという事態を、避ける事ができかつきちんと文法という概念を、理解し身に付ける事ができます。

    しかしここで忘れてはいけないのが、例文の丸暗記のみにならない様にする事です。

    あくまでも目的は、文法的構文の理解なのですから。

    使う場面に合わせ表現を覚えよう!

    &nbsp
    たとえ目標が文法の理解であっても、例文は覚えてしまうものですし逆に覚えてしまうほど、繰り返し学習する必要はあります。

    そこでせっかく覚えるなら、シチュエーションに沿った表現を覚えてしまいましょう。

    そうする事で、文法を理解できるうえにより実戦で応用の効きやすいものとする事ができるのです。

    目指すべきは中学卒業レベルですので、この段階であれば文の長さは別として、構造的にはほぼシンプルなものばかりです。

    なので初心者でも、比較的なじみやすいと言えます。

    学んだことを実際に使ってみよう!

    &nbsp
    せっかくシチュエーション別の例文で構文を理解し覚えたとしても、使えなくては意味がありません。

    またシチュエーション別の例文といっても、想定できるのは航空やレストランといった程度であり、実際の日常英会話はこれらに限らずそれらすべてを例文でカバーしようとすれば、膨大な量を覚える必要があります。

    これらの事から大切になってくるのが、学んだことを生かし自分なりに英文を作るということです。

    つまり例文という具体例にとらわれず、構文を守りながら英文を生み出せるようになる必要があるのです。

    こうする事で、より実践的で応用力のあるものへと、自分の英語力を持ち上げる事ができます。

    例文を足掛かりに構文を理解し覚えよう!

    &nbsp
    文法を学ぶ上では文法書を頼りに学習するのが、一般的であり理想的とも言えます。

    しかしこの場合、初級者や文法に苦手意識のある人にとっては、特有の専門用語が立ちはだかるうえ、たとえ簡単な例文があるといっても抽象的であり学習の継続さえ、難しくなってしまいます。

    であるならいっその事、シチュエーション別の例文を足掛かりにしてしまいましょう。

    そうする事で、より物事の関係性がイメージしやすくなり自ずと、構文の成り立ちを理解しやすくする事ができるのです。

    つまり、専門用語を介さずに文法を理解するのを目指します。

    この方法であれば、たとえ文法が苦手であったり初心者であったりしても、比較的文法を学びやすくなる事でしょう。

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆