DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

中学レベルの英語を使う場面とリスニングを意識して学習しよう!

    海外旅行のため英会話を学習するといった場合、どこまで学習すれば良いのか見当がつきにくいものです。人によっては、ぺらぺらと話せるレベルが必要だと思うかもしれません。ここでは、海外旅行に当たり最低限必要なレベルを紹介します。
     

    海外旅行を楽しむためには聞けて話せるレベルを目指すべし!

    &nbsp
    海外旅行においては、ツアーであれば通訳がつくでしょうがそれでも、簡単なコミュニケーションが自分で出来たほうが、より楽しむ事ができます。

    それには、相手の英語を聞き取り自分の言いたい事を英語で表現できる必要があります。

    そして旅行先で想定される英語を使う場面は、空港や駅またタクシー等の交通機関ショッピング時のお店といった、限られたものです。

    これらは出来るにこした事はありませんが、最低中学卒業レベルで大体は乗り切る事ができます。

    中学レベルの英語では、進行中の物事や基本的な表現といったものを学ぶので、日常的な会話は表現的には限られますが可能なのです。

    つまり、中学レベルの英語力を身に付ければある程度海外旅行を楽しむ事は出来ます。

    英語を使う場面を意識して学習しよう!

    &nbsp
    海外旅行を目的として英語を学ぶのであれば、旅行先で起き得るシチュエーションを意識し、それに合わせた表現を学習すると良いと言えます。

    もちろん丸暗記だけという学習は避けたいところですが、場面ごとに代表される表現を基に、単語や文法を学ぶのは有益だと言えます。

    何故なら、単語や文法を別個に学ぶ場合後でそれらを総合力として統合する作業が必要となりますが、最初から場面に沿ったフレーズ等の短文を利用する事で、そういった作業を省く事ができかつ複数個の単語や熟語を、まとめて覚える事が出来るからです。

    学習の進め方としては、例文中でわからない単語の意味を調べその後、単語同士の関係性を確認することで、文法を学習します。

    そして、それぞれの単語の意味と単語同士の関係を意識しながら、繰り返し目を通し声に出し読むことで、復習をして覚えてしまいます。

    実際に海外旅行を計画しているのであれば、シミュレーションしながら学習をする事で、より楽しく学ぶ事ができるでしょうし、本番で使いやすくなるでしょう。

    つまり場面に沿った例文を通して、必要な単語や文法力を養ってしまおうというのがこの学習法だと言えます。

    英語を毎日聞いてリスニング力も付けよう!

    &nbsp
    例文を用いた単語と文法の勉強に合わせ、リスニング力をつける学習も必要です。

    それには、先に挙げた学習法に合わせCD等で英語を聞き続ける事が、重要になってきます。

    この事から、この学習法を行う場合CD付きで例文解説のある単語帳を、用いる事になります。

    そうする事で、聞く事になる内容や単語のチェックも兼ねる事ができるので、効率的に学習を行う事ができるのです。

    場面を意識した例文とCDを活用しよう!

    &nbsp
    海外旅行において、実用的な英会話力とは聞けて話せるものだと言え、これらを身に付けるには、単語力と文法力そしてリスニング力といった、英語という語学の3大柱が必要となります。

    そしてそれらを効率的に学習するには、場面ごとに沿った例文を基に学習を進める事だと言えます。

    そうする事で、初心者であってもより実践へと移しやすい英語力を身に付ける事ができるでしょう。

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆