DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

中学で習う英単語を知っていれば、簡単な会話は大丈夫です!

    簡単な英会話に必要な英単語は800語程度。中学生レベルの英単語でも英会話は可能。英単語の勉強は不必要。ほとんどの人は必要な英単語を習得済み。簡単な英会話表現を勉強すればスピーキングをマスターできる。

    中学で習う英単語を知っていれば、簡単な会話は大丈夫です!

    英語の勉強と言えば、文法と単語が思い浮かぶのではないでしょうか。特に、単語の勉強では単語帳と呼ばれる物に書いて必死に暗記したと言う方もいると思います。

    最近の方は、スマホのアプリで単語を覚えたと言う方も少なくないはずです。やはり英語の勉強と言えば英単語ですよね。英語の長文読解では知らない英単語が出てきて困ったと言う経験は、誰にでもあると思います。

    これは誰もが通る道なので仕方ないと思いますよ。

    しかし、そこまで単語の勉強をしないといけないと思いますか?

    実は、そんなに単語を勉強しなくても良いのです。

    もちろん、専門的な知識が必要な分野に携わる方や仕事に英語が必要な方、英字新聞の内容が気になる方などは、それはたくさんの単語の知識が必要です。

    ですが、普通の方はそこまで必要ではないのです。

    信じられないと言う方は考えてみましょう。

    あなたは日常生活で国語の辞書に載っている日本語の全てを使っていますか?

    難しい言い回しを使うような状況が、一日の中で何度もありますか?

    普通の方はないはずです。

    簡単な言葉だけで日常会話は成り立っています。この文章でさえも、難しい表現は使っていないのですから。

    つまり、簡単な英会話をするために必要な英単語は最低限の物だけで十分であると言う事です。

    英会話だからと構える必要はなく、日本語と同じように簡単な文法や単語だけを使えば、それだけでスピーキングは成功すると言えるのです。

    スピーキングは自分で使える文法や単語のレベルを決める事ができるので、難しい物を使う必要はないとも言えるでしょう。

    では、英会話に必要な単語数はどれくらいだと思いますか?

    実は、簡単な英会話に必要な英単語数は800語程度だと言われています。800語と聞けば、何だか多そうな感じですよね。しかし、英語の専門家の中には1,500語だと主張する意見もあります。

    どっちが本当なのかと思いますよね?

    専門家と言っても人間なので、意見が異なるのは当然です。ですから、基本的に800から1,500語程度と言うように考えてあげましょう。なぜならば、重要なのは単語数ではありませんから。

    そう、重要なのはレベルです!

    例えば1,500語と言われると、自分はそこまで知らないと考えるのが普通です。ですが、1,500語と言うのは、中学生が習っている単語数で十分だと言うレベルです。

    そんなに習っていないと思う方もいるかも知れませんね。しかし、文部科学省の学習指導要領にも「1,200語程度の語」と言う記載があります。

    教科書以外にも問題集などで単語を勉強するので、中学で習う単語数は多ければ2,000語程度と言う事もあるようですよ。

    また、少なくても1,200語程度は学んでいるはずなので十分と言えるのです。ですから、簡単な英会話は中学生レベルの単語力でも十分にできると言う事です。

    日本語が簡単な言葉だけで会話ができるのに、英会話はできないと言うのは変ですよね。同じように、簡単な単語を知っていれば日常英会話では困らないはずです。

    納得できないと言う方は、自分が送信したメールを確認してみるのが良いですよ。

    そのメールに、どれだけの単語が使われていますか?

    1,500語以上の単語が含まれていますか?

    それだけの数を使うためには、かなり長い文章を書く必要があるので難しいと思いますよ。

    単語数に納得できたら、次は家の近くにある本屋に行ってみましょう。参考書のコーナーに中学生が使う単語帳のような物があるはずです。

    その中学生向けの単語帳に書いてある単語が分かれば、簡単な英会話の準備はできたと思って良いでしょう。

    これが、最初の目標を簡単な英会話にする理由ですよ。これで、簡単な英会話から始める時には単語を勉強する必要がないと言う事が理解できたと思います。

    必要な単語を知っていれば、後はそれを文章にすれば良いだけですね。

    文章にすると言うと、難しいと身構えてしまうかも知れませんが、そんな事はありません。簡単な英会話表現を勉強するだけです。

    もちろん、覚え方も効率的な方法がありますので、それを勉強していきましょう。

     

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆