DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

不自然な英語のチェック方法を教えてください。

    ライティングのチェック方法。ライティングの練習で困った時に使えるテクニック。Google検索を利用しよう。引用符で検索して例文を見つける。分からない部分をアスタリスクで見つける。熟語から例文を検索する。

    不自然な英語のチェック方法を教えてください。

    ライティングの練習は意外と面倒です。

    問題集などで英作文を練習しても、模範解答しかありません。

    日本語の事を考えても分かるように、同じ事を言うための文章は山のようにあります。

    それこそ、言葉は無限の可能性があると考える方が良いくらいです。

    そうなると、自分が書いた英文が自然な英語だろうかと考える事もあると思います。

    模範解答と同じであれば何も困る事はありませんが、少しでも違う表現を書いてしまうと、ネイティブや英語の専門家に確認してみないと分からないと言う方も多くいます。

    また、仕事で必要になったEメールや自分でライティングの練習をしている時でも、同じような事で行き詰まる事があります。

    このような時、一人で英語学習をしている方でも簡単にチェックできる方法があります。

    それを利用すれば、適切な英語表現であるかどうかをチェックできるので、ライティングを練習している方は試してください。

    英文チェックはGoogle検索を利用しよう。

    英文をチェックする時は「Google検索」を利用しましょう。

    ネイティブや英語の専門家が近くにいれば、その方にチェックしてもらう事もできます。

    でも、必ずいる訳ではないですよね。

    それに、いつも頼っていては、相手も良い顔をしないと思います。

    そこで、Google検索を利用すれば、一人でも簡単にチェックできるようになります。

    例えば、天候を当てにすると言う文章を書きたい時、自分で「rely on weather」と書いてみたとします。

    でも、これが自然な英語であると言う確信が持てなければ、Google検索を利用してみれば良いのです。

    やり方は簡単です。

    検索する時に「” rely on weather”」と書いて検索します。

    これだけで大丈夫です。

    実際に検索してみると、複数の検索結果を得る事ができるので問題ないと分かります。

    同時に、実際にどのように使われているかも知る事ができます。

    英文をダブルクォーテーション(引用符)で囲んでいるのは、英単語をバラバラにして検索される事を防ぐためです。

    一人で英語学習をしている時には便利なので、一度試してみてください。

    もっと便利に使ってみよう。

    Google検索で、自然な英語を確認できる事は分かってもらえたでしょう。

    でも、もっと便利に使う方法もあります。

    それは「アスタリスク(*)」を使う方法です。

    先程の英文を利用して説明しましょう。

    天候を当てにすると書きたいけれど、自分では「rely (?) weather」しか書けなかったとします。

    間に入るのは、何だったかな……と考えた時、クエスチョンマークの所にアスタリスクを入れて検索してみましょう。

    例えば、この場合「”You can’t rely * weather”」と書いて検索します。

    日本語訳は「天候を当てにする事はできない」と言う感じです。

    試してみると、検索結果の上位に同じ文章で「you can’t rely on weather……」と表示されますので、答えは「on」と分かります。

    ライティングの練習で困った時にも使えるので、非常に便利です。

    一人で学習している方にはオススメの方法ですよ。

    また、熟語などを検索して、適当な例文を探したい時にも使えます。

    工夫次第では幅の広がるチェック方法なので、英語の辞書だけでは不安と言う方には試してもらいたいと思います。

     

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆