DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

一人で学んだことは使って初めて実戦向きの能力になる!

    言語においては特に、使わなければ徐々に忘れていってしまうものです。せっかく英語を学んでも、忘れてしまったらもったいないですし、空しいものです。ここではそれらを避けるための方法を紹介します。

    英語を使う習慣をつけよう

    せっかく英語を学んでも、忘れてしまったり実践で用いる事ができなかったりすれば、意味を成しません。

    忘れない為には、復習をすればよいではないかと思うかともいる事でしょう。確かにそうかもしれません。

    しかし、学習が進むほど復習すべき事が増えていき、学習に割く時間が削られていき、効率的とは言えません。

    また学習時は大概、単語を覚えたり文法を学んだりまた読んだり聞いたりと、能力別です。

    しかし実践においてはそうはいかず、これらを総動員する必要があります。

    例えば英会話であれば、相手の発言を聴き取り理解しそれに合わせ、自分も文を考え話せなければなりません。

    それには単語や文法又は発音といった基本的なものから、必要とするレベルの聞き取り力が要求されます。

    本等の要所を読むにしても、文法や単語が必要である事は、言うまでもありませんね。

    この様に、学習時バラバラになっているスキル達を、自分の中で統合する必要があるのです。

    そして、それらを通し理解をさらに深める事ができるのです。つまり、実践は英語学習にとって欠かせない事だといえるでしょう。

    可能であれば英語スクールに通おう!

    自分で勉強する場合、学習したことを実践に移すには限界があります。

    何故なら、初級であるほど実践に通じるレベルとは残念ながら言えず、通じるかどうかは相手次第だからです。

    またたとえ相手がいても、親切心から通じてしまえばそこまでという可能性が、残る事になります。

    つまり、せっかく実践の場を設ける事ができても、会話が成立するかが相手にかかっている状況から、脱せなくなってしまうのです。

    これを打破する一番良い方法は、個別指導式の英会話スクールに通う事だといえるでしょう。

    英会話スクールであれば外国人と話す事ができますし、こちらがニュアンスや文法また発音等を、間違えたとしてもその場で指摘してくれるため、英語らしい英語を身に付ける事ができます。

    この英語らしい英語とは、現地で使われている表現等ですので、より外国人に伝わりやすく、洋書等を読むにあたっても、より役立つものだと言えます。

    実践は日本人の学習者同士でもOK!

    英語スクール等の利用が難しい場合には、日本人同士で英会話をするのも有効です。

    学習者同士ですので、成員のレベルにも左右されてはしまいますが、一人よりは互いに教えあう事ができるため、上達する事は出来ます。

    また学習者目線での、情報交換も可能なためモチベーションの維持にもつながります。

    これらも難しい場合には、シャドーイングでも有効ですが、この場合自分のレベルに合うものでない場合、あまり意味がなくなってしまう為、注意が必要です。

    また、聞き取る内容が決まりきったものとなりがちですので、慣れたら別なものと定期的に変えると良いでしょう。

    どんどん使って使える英語を身に付ける!

    目的を持って英語を学習し、着実に進める事に成功したとしても、使い続けなくては学習自体も完結せず、実用的なものとはなりません。

    学習的な意味での実践の方法としては、英会話スクールや学習者同士で集まるそしてシャドーイングと、自分に合った選択をする事ができます。

    これらを活用し、より実践実のある英語を身に付けましょう。

     

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆