DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

一人でスピーキングの練習をするならシャドーイングをしよう!

    英会話が出来る様になるには、リスニング力とスピーキング力の両方が必要になります。理想的なのは、単語や文法といった机の上で行う学習と合わせ実際にネイティブと対話する事ですが、日本にいる以上実現には厳しいものがあります。
     

    英語を繰り返し聞いてスピーキング力をつけよう!

    &nbsp
    英会話をするうえで、スピーキング力はリスニング力に並び、重要な能力の一つです。

    しかし実力をつけるには、文法や単語の学習といった机に向かい行うものと、実際にそれらを使う学習の両方が必須となります。

    しかしとくに後者の場合、本来であれば話相手が必要であり一人で行うのは難しいものがあります。

    では一人では、実践的なスピーキング力を身に付けるにはどうしたら良いのかというと、シャドーイングが有効となってきます。

    音声内容を聞き取るため、最低限のリスニング力は必要となってきますが、この条件さえクリアしてしまえば、スピーキング力を鍛えるに適していると言えます。

    初心者はちょっとやさしめのレベルのものを使おう

    &nbsp
    当然ながらこの方法の場合、音声内容が聞き取れ理解できなくては、能率的に格段と下がってしまいます。

    そこで初心者である場合、以下二つの事に気を付け教材選びをする様にしましょう。

    まず一つは、少しレベルの低いものを選ぶという事です。

    特に、日常英会話が取り上げられている中学レベルのものが理想的です。

    何故ならこのレベルまで習得できれば、表現は限られるものの会話としては成立させる事が出来るからです。

    またこの時、きちんと実用的な表現等が収録されているものを選ぶと、学習後より実践へとシフトさせ易くなります。

    次に具体的に場面が想定されているものを選ぶ様にします。

    せっかくリスニングにより、表現方法等を得たとしてもそれが使うべきシチュエーションと結びついていなくては、実用的な力とはなり得ないからです。

    なので、例文とシチュエーションを結びつかせ学ぶためにも、しっかりと具体的場面が想定されているものを選ぶ様にしましょう。

    事前学習が成功のカギ!

    &nbsp
    シャドーイングというと、ちょっとした時間にさっとイヤホンを耳に入れいきなり始めるというイメージがあります。

    しかしこの方法は、上級者向けだと言え内容が即座に聞き取れ理解できるからこそ、成立する事だと言えます。

    初心者の場合では、事前に単語の意味や文法的構成そして内容をきちんと確認する工程が必要となります。

    どういう事かというと、内容を理解できずに丸暗記状態となってしまうとその英文を例文として応用させる事ができず、表現力としてはさらに縛られてしまいスピーキング力とまではならなくなってしまうからです。

    なので特に初心者である場合、きちんと予習をしてから取り組む様にしましょう。

    二工程に分け三回連続で行おう!

    &nbsp
    ここからは具体的な方法について紹介していきます。

    その方法とは一言で言ってしまえば、最初のうちは一文ずつ一時停止して口に出し徐々に一時停止無しでも出来る様にしていくという方法です。

    そこで最初は、ゆっくりな速さでかつ聞き取れた範囲で声に出す事を繰り返し、コツをつかんでいく事を意識します。

    学習の進め方としては、最初は一文ずつ止め口に出していき一通り終わったところで、CDを止めたまま口に出してみます。

    これらを繰り返し、徐々に途中で止めなくてもシャドーイングが出来る状態を目指します。

    初心者であれば、少なくても三回は連続して行うと良いと言えます。

    シャドーイングで音声の発音や表現等を盗もう!

    &nbsp
    英語と日本語では、発音から文の構成に至るまで多様な違いがあり、それらはスピーキングにも影響を及ぼしています。

    こういった事を踏まえ、きちんとした英語を独学で身に付けるにはお手本となるものが必要となり、この場合教材がそれに相当します。

    なので、教材の音声によって学習を進める事で実践的なスピーキング力を、身に付けやすくなると言えます。

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆