DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

リーディング学習に使える本を教えてください。

    リーディング学習に使える本。英字新聞を使う。同じ題材の記事を読む。日本の英字新聞が良い。ラダーシリーズについて。小説などを英語で書いた本。資格試験のレベルに合わせても選べる。楽しく読める本ばかり。

    リーディング学習に使える本を教えてください。

    リーディング学習をする時に、学校の教科書のような本を読んでも楽しくないですよね。

    使い古された印象がある登場人物の会話文ではなく、もっと誰でも想像しやすい内容の方がリーディング学習も進みます。

    そこで、リーディング学習する時に使える教材について考えてみましょう。

    何を使ってリーディング学習をするか、これだけでも、リーディング力の鍛えられ方は変わってきます。

    少なくとも、つまらない題材よりも楽しい物の方が良いでしょう。

    そこで、リーディングに使える本について紹介します。

    英字新聞に挑戦してみよう!

    英語で書かれている物といえば、多くの方が思い付くのは英字新聞ではないでしょうか?

    英字新聞は、新聞が英語で書かれているだけです。

    つまり、毎日のように、新しい情報やニュースに触れる機会を得られます。

    もちろん、ある程度の英文が読めるようになってから挑戦すると言う事になります。

    でも、英字新聞で取り扱われている題材については、インターネットなど、別の情報媒体からも手に入れられる物がほとんどです。

    つまり、その情報の背景などを理解しやすいと言うメリットがあります。

    少しでも情報の背景を知っていれば、英文を読んだ時にも読みやすいと思います。

    中でも、日本で発行されている英字新聞が良いと思います。

    例えば、日本の「Japan Times」のような物を試してみると良いでしょう。

    海外の新聞よりも、ずっと簡単に読めるようになっていますよ。

    また、読み方に工夫すれば、多くのメリットもあると考えられます。

    政治について書かれている記事など、決まった題材の記事を読むようにすれば、その題材に関する英単語を広く知る事ができます。

    更に、少しずつ違う表現方法や言い回しなども学習できます。

    いつも使われる表現や英単語などを覚える事ができて、やがて簡単に内容が理解できるようになりますよ。

    最初から無理をせずに、1日に1記事くらいから始めると良いでしょう。

    少しずつでも、着実に読んでいく事が大切です。

    頑張ってみましょう。

    小説のような本はありますか?

    英字新聞が良いと言いましたが、新聞に興味がないと言う方もいます。

    確かに、政治や経済の話ではなく、もっと小説のような「ワクワクする物語」を読んで勉強したいと言う方もいますよね。

    特に好きな小説であれば、一気に読んでしまうと言う方もいます。

    そのような方には、初心者から使える「ラダーシリーズ」と言う本が良いと思います。

    このラダーシリーズとは、現代文学や童話、ノンフィクションなどを英語で書き直した本です。

    しかも、レベル1からレベル5までの五段階になっていて、難易度を自由に選べる点でもオススメです。

    また、英検やTOEIC対策としても使えるように、それぞれのレベルに応じて選べるようにもなっています。

    簡単な物では「グリム童話」や「走れメロス」など有名な話があります。

    他にも政治や経済の本まであるので、自分の好きな分野の本を英語で読む事ができるかも知れません。

    楽しく読める本ばかりなので、リーディング学習をしたい方にはオススメですよ。

     

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆