DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

リーディングが苦手ならどんどん読んで英文を読む事に慣れよう!

    英語が読める様になると、洋書や海外のニュースが原文で読めるだけでなく、スピーキング力も上げる事ができます。しかし、このリーディングは苦手意識が抱かれやすく避けられがちな学習法でもあります。
     

    読めないのは慣れていないだけかも

    &nbsp
    初心者や英語を苦手とする人にとって、英語を読むことは難しく感じやすいもので、これはある意味では当然かもしれません。

    というのも、英文を読むにはある程度の単語や文法的な知識を必要とするからで、相応の学習が必要となるからです。

    しかし、英語を読むのにはこういった知識だけでなく一種の慣れが必要となってきます。

    つまり、関連する知識と慣れの両方がリーディングには必要となり、慣れていないだけでも読めないという事も起こり得るのです。

    まずは一日につき30分から

    &nbsp
    とはいってもやはり、難しそうで気おくれしてしまうところでしょう。

    そこでまずは、五行ほどの短い文でも構わないので一日30分だけでも、英語を読んでみましょう。

    大切なのは、読む習慣をつけるという事です。

    またコツコツと読み続ける事で、必要な単語や構文等の学習にも役立ちます。

    つまり実際に読むことで、知識と慣れの両方を同時に獲得する事が出来るのです。

    なので、慣れていきある程度の実力がつくまでは短時間短文でも良いので、毎日英語を読むことが大切になってくると言えます。

    経験不足が苦手意識を生む

    &nbsp
    さて初心者等が抱きがちな苦手意識ですが、実はこれもリーディングという経験が不足しているが故のものだと言えます。

    どういう事かというと、これは特に日本人の英語学習事情に関連していると思われます。

    つまり、日本人は英語の学習というと単語の学習や文法の学習等を中心に行い、読むとしても教材にあるものだけでそれ以外の英文には、あまり触れない傾向にあるからです。

    確かに、ある程度の知識は英文を読むうえでは必須となります。

    しかし、それら学んだ内容はバラバラのままでありリーディング力として、統合されておらずこれらを統合するには実践あるのみなのです。

    ある意味では慣れていないという事にも繋がりますが、経験不足によっても英語が読めなくなるという事、裏を返せば読む経験を積むことで読める様になるという事になります。

    経験値を積みリーディング力をつけよう!

    &nbsp
    英文の表す内容は、厳密的には和訳されているものとされていないものでは、変わってきてしまいます。

    というのも、英語と日本語では一文中での語順が全く異なるからでそれを無理やり日本語の語順に収めようとすると、どうしても意味的に変わってきてしまいます。

    なので、英語のニュアンスどおりの意味を知るには、原文のまま読むことが望まれるのです。

    しかし、それには単語や文法といった知識と共に英文を読み慣れている必要があります。

    それには普段から短時間でも英文を読む必要があり、その事で苦手意識も拭い去るまた防ぐ事が出来るのです。

    ですので、初心者やリーディングに苦手意識を抱いている方は、5行くらいの英文を一日30分読んでいき、慣れてきたら徐々に長文にしていく事で着実にリーディング力をつけられます。

    最終的には、1日30分読んでいても平気になれば占めたものです。

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆