DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

リピーティングとシャドーイングって、どんな練習なの?

    リピーティングとシャドーイングの説明と練習方法。リピーティングとシャドーイングの効果について解説。注意点はスクリプトを準備する事。英語のリズムやアクセント、イントネーションを学べる効果的な練習。

    リピーティングとシャドーイングって、どんな練習なの?

    英語の学習法に「リピーティング」と「シャドーイング」と言う物があります。

    リピーティング?シャドーイング?……それって、何?

    こんな風に思った方もいるかも知れませんね。

    これは、英語学習をしている方にとっては、とても当たり前のような言葉です。

    でも、初めて聞く方がいても不思議ではありません。

    これから英語学習を始める方は、今から覚えれば良いだけの事です。

    そこで、ここではリピーティングとシャドーイングについて話していきます。

    どちらも英語学習をする方にとっては重要な練習方法です。

    しかも、短期間でも十分な効果があると実証されているので、積極的に取り入れてください。

    リピーティングって、何だろう?

    リピーティングとは、英語では「Repeating」と書きます。

    このように書くと、何となく分かりませんか?

    このリピーティングは「繰り返す」と言う意味ですね。

    では、何を繰り返すのでしょうか?

    もちろん、英語の練習ですから、英語を繰り返す事を言います。

    日本語で言えば、反復練習する事ですね。

    練習方法も、とても簡単です。

    例えば、CDなどを使って、最初に英文を一文だけ聞きます。

    そこで音を止めます。

    次に、聞いた英文を聞いた通りに繰り返して発音します。

    これだけです。

    つまり、学校の授業などで、先生が読んだ英文を繰り返すような練習方法です。

    英文が長くなると難しくなりますが、短い英文であれば、そこまで難しくはありませんよね。

    英語学習では、このような練習をリピーティングと言います。

    シャドーイングって、何だろう?

    今後はシャドーイングについて説明しましょう。

    シャドーイングは、英語では「Shadowing」と書きます。

    先程よりは、少し難しくなりますね。

    Shadowと言えば、影と言う意味ですが、他にも「尾行する」と言うような意味もあります。

    影が人に付いていく様子からイメージすれば、とても分かりやすいですよね。

    では、何の影になり、何に付いていくと言うのでしょうか?

    はい、もう分かりますね。

    聞こえてくる英文に付いていくような練習の事を言います。

    具体的に言うと、次のような練習になります。

    先ずは、CDなどを使って英文を流します。

    次にCDから流れる英語の音声を聞きながら、聞こえた通りの英文を発音していくと言う練習方法の事です。

    リピーティングと比べると、次から次に英文が聞こえてくるので、少し大変な練習になります。

    どちらかと言うと、英語学習に慣れてから行う方が良いでしょう。

    リピーティングとシャドーイングには、どんな効果があるの?

    リピーティングもシャドーイングも、基本的には英語を繰り返して真似をすると言う練習です。

    これには、どのような効果があると思いますか?

    合唱の練習を例に考えてみましょう。

    合唱の練習をする時、初めは少しずつの小節に区切って音階を確認する練習をしますね。

    そして、上手く歌えていない部分も同じようにします。

    でも、全体の音階が分かると、今度は最初から最後まで通して歌う練習をします。

    小説に区切って歌う練習するのはリピーティングで、全体を通して歌う練習をするのがシャドーイングと言う感じですね。

    そして、合唱の練習でリズムやアクセントなどを練習するように、英語でも同じ事を練習していきます。

    つまり、英語のリズムやアクセント、発音、イントネーションなどの練習です。

    このような効果があると期待できる練習と言う事になります。

    また、合唱の練習のように、上手くいかない部分だけを繰り返して練習したり、何度も何度も同じ英文で繰り返し練習したりする事も大切になります。

    注意点はあるの?

    リピーティングやシャドーイングの練習をする時には、注意しておきたい事もあります。

    それは、全ての英単語を漏らさずに発音していく事です。

    例えば、冠詞や前置詞など、弱く発音される単語もあります。

    そこで大切になるのが、スクリプトと呼ばれる物です。

    このスクリプトとは、CDなどに収録されている英語の音声が「どんな英文であるかを文字で書いた物」です。

    聞こえる音声の台本と言う感じですね。

    このスクリプトがないと、リピーティングもシャドーイングも上手くいかないので、必ずスクリプトが用意できる英文を聞くようにしましょう。

    そして、上手く聞き取れない部分があった時には、スクリプトを確認しても良いので、できる限り正確に英文を発音するように頑張りましょう。

    もちろん、イントネーションなどの練習でもありますから、感情を豊かにして発音してください。

    また、人間は聞き取れない音を発音する事は難しい生物です。

    だから、上手く発音できない所があっても諦めないでください。

    何度も何度も、上手く発音できるようになるまで練習しましょう。

    そうすれば、人間は必ず慣れる事ができます。

    そうやって、一つの英文をスラスラと言えるようになれば、その英文は終わりです。

    ……でも、ここで一つ良い事を教えましょう!

    聞き取れない音を発音する事は難しいと言いましたが、発音できるようになれば、逆に聞き取れるようになると言う事でもあります。

    だから、英文をスラスラと言えるようになったと言う事は、それだけ正しく聞き取れるようになったと言う事です。

    このようにリスニングが鍛えられる事も、リピーティングとシャドーイングの効果と言えます。

    しかも、英語自体に慣れてしまうので、英会話もスムーズになると思いますよ。

     

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆