DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

リスニング力向上させるなら英語を聞く習慣をつけよう!

    リスニング力は英会話を可能とする重要な要素の一つです。しかし、非能率的に練習しても上達しにくい特徴もあわせ持ちます。ここでは、初心者が効率よくリスニングを上達させるためのポイントを紹介します。
     

    英語を聞く事を習慣化しよう!

    &nbsp
    リスニング力をつけるには、とにかく英語を聞き続ける必要があります。

    しかし日本において英語に触れる機会は、自分で能動的に作り出さない限り、乏しい現状にあり上記の意味では、あまりにお粗末な環境だとも言えます。

    この事から、日本においてリスニング力をアップさせるには、英語を聞くという行動を習慣化させる事が大切なのです。

    1日15分は英語を聞こう!

    &nbsp
    リスニング力をつけるには、とにかく英語を聞く事が重要です。

    その一方特に初心者においては、長時間聞き続けるのは集中力や慣れといった面から考えるに、難しいと言えます。

    すると集中が切れた状態で長時間行っても、次第にリスニング精度も落ちていき結果、能率的にも悪くなってしまいます。

    そこで、1日15分だけ最低でも英語を聞く時間を設ける様にしましょう。

    15分であればたとえ初心者であっても、集中して取り組む事が出来ますし仕事等で多忙であっても、スキマ時間で行えるので時間的に確保しやすいからです。

    また15分ほどあれば、英語教材に付属されるCD内のトラックを最低2〜3回は往復させる事が出来るので、反復学習にもなり得るからです。

    リスニングに限らず、英語を学ぶ上ではもちろん質も大切ですがそれに合わせ、何度も繰り返す反復学習も同じ様に重要となります。

    つまり、15分という短時間で集中しつつ反復学習をする事で、効率的にトレーニングしてしまおうという事です。

    工夫して毎日英語を聞くようにしよう!

    &nbsp
    といっても、このたった15分ですら確保しにくいという方もいらっしゃる事でしょう。

    そういった方はいっそ自宅でのリスニングを諦め、外出先で行ってみてはいかがでしょうか。

    例えば電車で通勤通学をしている方であれば、事前にスマートフォン類や携帯型音楽プレーヤーにコピーをしておきそれを聞くまた、昼休み等に聞くという具合です。

    とにかく大切なのは、毎日短時間でも英語を聞き続ける事なのです。

    地道な積み重ねがものをいう!

    &nbsp
    英語を聞き取れる様になるには、発音や単語の意味を知る必要がありこれにあわせ耳を英語の発音に、慣れさせるためのトレーニングも必須となります。

    何故なら、日本語と英語では存在しない発音がある他早口のなり方も異なる等、リスニング関連だけに限定しても、多様な相違点があるからです。

    そして、これらに適応するには継続して英語を聞き脳と耳に覚えさせる必要があります。

    つまり、自分のライフスタイルや性格等を加味し、それらに合わせ創意工夫することで英語のリスニングしやすい環境づくりを、積極的に行う事がリスニング力向上のカギだと言えます。

    正に、継続は力なりです。

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆