DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

リスニング力を伸ばすなら1日3時間を1カ月続けよう!

    リスニング力は、英会話をするうえで欠かせないものであり、身につけておいて損はないものです。しかし初心者にとっては、立ちはだかる壁の一つでもあります。ここでは、リスニング力をつける一つの方法を紹介します。
     

    英語に耳を慣らせよう!

    &nbsp
    英語を聞き取るには、特有の音を拾い理解できる必要があります。

    というのも日本語と英語では異なる発音がされ、存在する音としないものまであるからです。

    例えばRの音やLの音そしてth等もそれに当たり、これらは日本語には存在しない音です。

    この様に、母国語である日本語に存在しないという事は、本来幼少期に刷り込まれるべきときに、それがなされていない為脳が言語として認識してくれません。

    そこで必要になってくるのは、繰り返し英語を聞き英語の音に脳と耳を、慣らせることです。

    つまり、何度も聞く事でいままで存在しなかった音に慣れていきます。

    ただし、最低限の理屈も必要です。

    どういった原理でその音が発せられているのかを知る事で、イメージがつきやすくなると不思議な事に聞き取りやすくなるからです。

    よって、とにかくたくさん聞く事が必須となります。

    目指せ!1日3時間を1か月!

    &nbsp
    ではどのくらい一日に取り組めば、力となるのでしょうか。

    英語学習会では、およそ1カ月で1万時間が望ましいとされています。

    この様に聞くと膨大な時間に思えますが、これを1日換算にすると約3時間となります。

    つまり、1日に3時間英語を集中して聞く事が、効率的なリスニング学習法だという事です。

    もちろんまとまった連続して3時間確保できれば理想的ですが、集中力的にも普段の生活との両立という面でも、難しいと言わざるを得ません。

    この事から、朝と昼と晩の三回に分け行うと継続させる事ができます。

    つまり1回につき1時間ですので、数回に分け行っても良いという事です。

    もちろん、ライフスタイルは人それぞれですから、自分にあった時間の取り方が一番良いので、時間の使い方をうまく工夫し1日3時間をリスニングに費やせばよいのです。

    そして、リスニング力というのは一長一短で身に付くものではなく、ある一定の期間地道に学習を積み重ねてこそ手に入るものです。

    よって、個人差はあるにしろおよそ1カ月は継続させる事をお勧めします。

    その頃には、何らかの手ごたえがあるはずです。

    初心者は理屈的な学習も忘れずに!

    &nbsp
    ここまで量を聞く重要性について述べてきました。

    しかしこの方法には、欠点があります。

    それは、学習者の集中力と慣れそしてレベルに依存してしまうという点です。

    言い換えれば、聞き取れるだけのレベルがなければ聞き取る事は出来ませんし、下手をすれば誤った発音即ち、日本語英語が身に付いてしまい逆にリスニング力習得の妨げとなりかねないのです。

    よって、初心者レベルであれば今回紹介した方法と合わせ、丁寧に内容を確認していく方法も行う必要があります。

    つまり、一音一音の正確な発音を確認した上で基礎を作り、たくさん聞く事で英語に慣れる事を目指すのです。

    こうする事で、比較的日本語英語的な発音を防ぐ事は出来なおかつ、英語慣れしやすくなります。

    聞いた分だけ力になる!

    &nbsp
    リスニング力は、ほかの読み書きと同様やった分だけ必ず身になるものです。

    しかしかといって、その場で効果が表れるわけではありません。

    学習の積み重ねがある一定量に達した時、突如として効果を実感できる瞬間が訪れるのです。

    よって、実感がないからと止めてしまうのではなく、毎日英語を聞き学ぶ事が重要となります。

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆