DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

リスニング力を上げるならナチュラルスピードにも慣れよう!

    英語を聞き取れる能力をリスニング力と言います。現在日本でもこれらを学習する事ができますが、これだけではネイティブの英語を聞き取れる様にはならないのです。ここでは、ネイティブの英語を聞き取れる様になる方法を紹介します。
     

    日本で学ぶのと本場は違う!

    &nbsp
    日本においても現在、英語のリスニング教材が多数流通しておりそれらにより、学習及びトレーニングを重ねる事ができます。

    しかしこれらにおいて学ぶ事が出来るのは、実は日本人による日本人のための日本流の英語なのです。

    というのも、発音の速さが違いますし発音自体も異なる点が多々あります。

    これは、私たち日本人が英語の発音を学ぶときの傾向として、カタカナに置き換える場合があることそして、初心者用にゆっくりな速さで音声が収録されているものが多数である事から起因します。

    もちろん特に学校教育では、発音記号というもので表されておりそれは辞書においても記載されています。

    ですがこの発音記号は、学習者自身がきちんとそれらを理解し発音できる必要があるという、弱点があるのです。

    そしてこのいわば正しい発音を日本人が、学校教育だけで可能になるのは残念ながら難しいと言わざるを得ません。

    というのも、英語には発音記号でいうところのaeで表されるもの等の日本語では存在しない発音が多々あり、それを発せられるようになるには舌の動きや口の動き等を、ネイティブの様にできなければなりません。

    ですがこういった事は日本での教育では習得できるのは、感覚的な部分も占める事からまれだといえるのです。

    また、こういった事から実際の本場で使われている発音と異なってきてしまうのも、致し方ないと言えます。

    よって、日本で手に入れる事の出来る教材の英語で満足しているうちは、ネイティブの発音を聞き取れる様にはならないといっても、残念ながら過言ではありません。

    あえてナチュラルスピードに触れよう!

    &nbsp
    そこで重要な位置づけに立つのが、あえてナチュラルスピードの英語に触れる事です。

    実際に、スピードも速く本来の発音がなされる音声を聞く事で、それに耳と脳の照準を合わせる事が出来るからです。

    実をいうと、英語の発話スピードが上がると飛ばしてしまうまた、繋がってしまう発音が生じてきます。

    これも、ネイティブの英語を聞き取れない一因となります。

    なので、あらかじめナチュラルスピードの英語を耳にしておくことで、特有の発音等に慣れておく必要があるのです。

    初心者はまずはゆっくりのものを聞こう!

    &nbsp
    といっても、最初から速いスピードのものを聞いても聞き取れないのも無理はなく、慣れる前に失敗経験の方が勝り挫折の原因となりかねません。

    よってまずは、ゆっくりと聞き取りやすい音声を聞く事で自信をつけていき徐々に、本来のスピードにも触れる様にしていくのが望ましいでしょう。

    そうする事で、無用な挫折の可能性を排除できるうえきちんと内容が聞き取れる事から、着実に基礎を身に付けていく事が出来るのです。

    ゆっくりとナチュラルの両方に触れよう!

    &nbsp
    リスニング力を着実に上げていくには、しっかりと内容を認識して行う練習若しくは学習と、英語本来の速さであるナチュラルスピードのものを使った学習若しくはトレーニングが、重要となってきます。

    これら両者をうまく組み合わせ用いる事で、効率よくかつ確実にリスニング力を身に付けていけるのです。

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆