DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

リスニング力をつけるなら工夫して英語を耳に入れ続けよう!

    リスニング力をつけるには、普段から英語に触れる事が重要になってきますが、日本においては英語に触れる機会は自ら意識して行わない限り、あまりないのが現状です。ここでは、リスニングの機会を増やすための工夫について紹介します。
     

    車内BGMを英語にしよう!

    &nbsp
    車内BGMとして普段音楽をかけているのであれば、それを英語にする事で英語の聞き流しに最適な時間となります。

    かけるものとしては、洋楽でもはたまた録音しておいた映画の音声や外国のニュース等と、自分の好きなもので構いません。

    リスニング力を上げるには、集中して聞き込むものと聞き流しの両方が必要となります。

    運転中である事から、あまり英語に集中力は割けませんので、聞き流しの機会とするのが良いでしょう。

    聞き流す事で瞬間的な判断力を、養う事ができます。

    イヤホンとプレーヤーを活用して外出先でもリスニング!

    &nbsp
    この場合は、事前に教材の英語音声や好きな洋楽等を、携帯型音楽プレーヤーやスマートフォン等に録音しておく必要があります。

    そして、最寄りのスーパーへ徒歩で出向くときや電車での移動また待ち合わせ中などで、イヤホンを使いそれを聞くのです。

    先ほど紹介した車中よりも、比較的集中して行いやすいので初心者にもお勧めです。

    テキストを持ち歩いてすかさず音読!

    &nbsp
    初期のリスニング学習において、テキストにより内容や発音を確認する事は非常に有意義なものです。

    そこで、出歩くときもテキストを持ち歩きスキマ時間等で、自分の中だけで音読したり発音をしたりしてみましょう。

    もちろんこれは家の中でもいえる事です。

    つまり、常にテキストを手にとれる状態にしておき、機会があればすかさずテキストを開くという事です。

    テレビ番組は副音声!

    &nbsp
    バラエティーやアニメ以外の番組では、現在ほとんど副音声として英語がついており、リモコン操作によって切り替えが可能となっています。

    この方法は、ある程度リスニング力や語彙数が身に付いた人向けとなってしまいますが、くつろいでいる時間手軽に行える事から、行いやすいと言えおススメです。

    洋画を字幕なしで挑戦!

    &nbsp
    これも主に上級者向けと言えます。

    DVDにしろ映画館で見る場合にしろ、大概の洋画は字幕の有無を選ぶ事ができます。

    そこで、せっかくの機会ですから字幕なしで楽しんでみましょう。

    始めは、一度日本語で見たことがあり内容が分かっているものの方が、比較的聞き取りやすいため、おススメです。

    もし初級者や中級者であれば、リトルマーメイドやアラジン位の年代のディズニー作品がおすすめです。

    これらの作品は、使われている単語も簡単であり外国の子供でも聞き取れる速さで、話されているので楽しみやすいかと思います。

    何かやりながら聞き続ける!

    &nbsp
    これはどのレベルの人でもできるかと思います。

    掃除や食器洗い等の家事等の、比較的手を動かすだけで可能なものをこなすときに、出かける時と同様の方法で英語を聞いていきます。

    慣れてくれば比較的集中して取り組めるので、時間的資源も有効活用できお得な方法だと言えます。

    目の付きやすいところに教材を置こう!

    &nbsp
    これはリスニングというよりも、英語の学習を習慣化させる方法と言えます。

    即ち、常に目のつく場所に勉強セットを置く事で英語の存在を、意識せざるを得ない状況へ持ち込む方法です。

    しかしただ置いただけとならないように注意は必要です。

    気付いた時に、1行だけ音読してみる少しだけリスニングしてみるという様に、英語に触れる様にするのがコツです。

    英語に触れる機会は工夫次第で作れる!

    &nbsp
    この様に、英語に触れる機会は工夫次第でいくらでも設ける事が可能です。

    とにかく、少しでも触れるように意識する事で、英語を使う事を習慣化させる事が、上達への近道なのですから。

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆