DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

リスニングの注意点!英語独自のリズムを知ろう!

    リスニング学習の注意点。英語のリズムについて。カギになる単語は強く、それ以外は弱く発音する。子音が続くと、前にある子音が消えて発音が変化する。英語のリズムと音の脱落に慣れる。英語教材を使って学習する。

    リスニングの注意点!英語独自のリズムを知ろう!

    リスニング学習には力を入れているのに、リスニングが上達しないと感じていませんか?

    もしかすると、それは意外な落とし穴に気付いていないだけかも知れません。

    英語には英語独自のリズムがあります。

    日本語にはないリズムなので、リスニングを始めた時に戸惑う方もたくさんいます。

    その事を知らないままでリスニング学習を続けても、中々リスニングは向上しないと思います。

    そこで、先ずは英語独自のリズムを学ぶ事から始めてみましょう。

    英語独自のリズムって何ですか?

    日本語を話す時、特別に強く言う言葉と言うのはないと思いませんか?

    約束の時間や頼み事など、強調したい事は「念を押す」と言う方法を使います。

    つまり、何度も言ってみたり、相手が理解したかを確認したりします。

    そのため、日本語を話す時は、ほとんどの単語を同じように発音します。

    だから、アクセントを付けて言う単語がないと考えられます。

    リズムを考えると、ほぼ平坦な状態と言えるでしょう。

    しかし、これが英語では異なります。

    カギになる言葉を強く言ったり、冠詞や前置詞などの重要ではない英単語を弱く言ったりします。

    そのため、英語には抑揚があるように感じます。

    これが英語独自のリズムです。

    日本人は、普段の会話で全ての単語が同じように発音される事に慣れているため、このリズムに違和感を覚えてしまいます。

    弱く言われてしまう単語が全く聞き取れなかったり、強く発音された単語だけが耳に残ったりします。

    しかし、こう言う事があると知っておけば、リスニングでも注意する事ができるようになります。

    知らないままでは単語が聞こえないと思うだけで、リスニングが上達する事はありません。

    そうならないように、英語にはリズムがあると思ってリスニングするようにしましょう。

    普段から心がけていれば、自ずと英語独自のリズムに慣れる事ができるはずです。

    後は、このリズムに慣れるまでリスニングの練習をするだけです。

    この事を知っているだけでもリスニングの上達度合いが変わるので、シッカリと頭に入れておきましょう。

    英語の音が消えるって本当ですか?

    さて、英語には弱く発音される単語がある事は理解できたと思います。

    でも、弱く発音されているだけで、ネイティブはキチンと発音しています。

    ところが、英語では音が本当に消えてしまう事があります。

    この事を知らないと、英単語を正しく認識する事ができなくて、いつまでもリスニングが上達しないと言う事になります。

    ここで、キチンと学んでおきましょう。

    ……と、その前に次の日本語を正確に読めますか?

    「体育」。

    ほとんどの方が読めますよね。

    答えは「たいいく」です。

    でも、普段は「たいく」と言いませんか?

    読みにくさを解消するために「い」を一つ脱落させて、より読みやすくしていると言う事です。

    正確に読むと読みにくい場合は、より読みやすいように変化する事があるのが言語です。

    もちろん、一定の規則で言語が成り立っているため、読みにくい物が登場する事は避けられない事実です。

    だから、これは日本語に限った事ではなく、英語にも当然のように登場しています。

    英語の場合は、子音が続いた場合に、前にある子音が消えてしまいます。

    これが「英語の音が消える」と言う状況です。

    具体的な例を出してみましょう。

    次の単語を読んでみましょう。

    ・Sidney

    はい、オーストラリアにある主要都市の一つ「シドニー」ですね。

    日本語で言うのは簡単ですが、英語では「d」と「n」が連続しています。

    このように子音が続いている場合は、前にある子音が消えてしまいます。

    そこでネイティブがこれを発音すると、まるで「シッニー」と言っているように感じます。

    カタカナ表記なので正確な発音にはなっていませんが、日本人の多くはこのように聞こえます。

    音が消える事があると知っていれば、特に迷う事はありません。

    でも、この事実を知らなければ、違う単語だと勘違いしてしまう可能性もあります。

    そうなると、リスニング技術は向上しないままです。

    英語では音が消える事があると言う認識を持ってリスニング学習をしていれば、次第に慣れる事もできるので、やがてリスニングも向上するでしょう。

    そこで重要となるのは、音が消える事があると言う認識を持っている事です。

    この点に注意してリスニング学習をしましょう。

    また、英語独自のリズムに慣れる事や英語の音が消える事には慣れる事が大切です。

    効果的に慣れる練習がしたい場合には、英語教材を使うと言う方法も便利です。

    英語教材は様々な事柄を効果的に学習できるように工夫されているので、困った時に使ってみると、意外にも簡単に解決できる事もあります。

    そのため、英語教材を検討してみる事もお勧めの学習法と言えます。

     

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆