DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

リスニングの注意点!リエゾンって何だろう?

    リスニングで注意したい事。リエゾンの解説。英語の音が連結する。リエゾンが起こる状況とは?日本語も音が連結する。発音しやすく変化する。リエゾンに困った時は英語教材を使ってみよう。

    リスニングの注意点!リエゾンって何だろう?

    英語学習を始めると、今までに聞いた事がない言葉に出会う事があります。

    既に英語学習をしている方は慣れてしまっているかも知れませんね。

    しかし、初心者にとっては意味不明な言葉が続出します。

    その一つが「リエゾン」です。

    リエゾンって、何?

    このように思ってしまいます。

    中には、どこの「ゆるキャラ」ですか……なんて事を言う方まで。

    そこまでの方は少なくても、リエゾンを知らない方はたくさんいますね。

    特に、これまで英語学習をした事がない方の多くが知らない言葉です。

    そこで、このリエゾンについて、少しばかり解説をしてみましょう。

    リエゾンって何だろう?

    端的に言ってしまうと、リエゾンは「英語の音が連結する」事を言います。

    はい、全く分かりませんよね。

    でも、英語について解説しているサイトの多くが、このような表現を使っています。

    これは、英語を解説している方が英語を得意としているからです。

    ここでは、初心者にも分かりやすい解説をします。

    ……と、続きの前に、次の2つの日本語を声に出して読んでみましょう。

    「反応」・「因縁」……。

    読めますよね。

    答えは「はんのう」と「いんねん」ですね。

    でも、これって変ですよね。

    漢字を正しく読むのであれば、それぞれ「はんおう」・「いんえん」と読むべきですよね。

    それなのに、そう読む人はいません。

    理由は……読みにくいからですよね。

    このように、読みにくい言葉は読み方が変化します。

    しかも、前の音の最後と後ろの音の頭が一緒になっていますよね。

    そして、まるで一つの音であるかのように発音します。

    このような事を「音が連結している状態」と考えます。

    英語でも同じような事が起こります。

    その状態をリエゾンと呼んでいます。

    具体的な例を見ていきましょう。

    ・Take it easy.

    一つずつの英単語は読めますよね。

    最初から順番に「テイク」・「イット」・「イージー」とカタカナ表記できます。

    でも、これが一つになった時、それぞれを正しく発音できてもネイティブには通じない事もあります。

    なぜならば、これをネイティブが発音すると、リエゾンが起こってしまうからです。

    ネイティブはリエゾンしている状態の発音に慣れているため、バラバラに言われても理解できない事があります。

    こう言う時、ネイティブは「テイキリーズィー」と言っているように感じる事ができます。

    カタカナ表記をしているので、正確な発音ではないと言う事は理解しておいてくださいね。

    それでも、こんな風に言っていると思いますよね。

    このように、英語では音が連結してしまう事があります。

    特に「子音と母音がつながっていると、音が連結する」と言う事が起こります。

    その理由を説明すると、この方が言いやすいからです。

    日本語でも言いやすいように変化するのですから、英語がそうであっても仕方ないと思うしかないですよね。

    だから、英語ではリエゾンが起こると思ってリスニングする方が良いでしょう。

    逆に、リエゾンがあると分かっていれば、リスニング学習で戸惑う事も減るので、この事に気を付けていれば良いだけです。

    何度も何度も反復練習をすれば、このリエゾンにも慣れるので難しく考える必要はありません。

    でも、どうしても難しいと思うようであれば、リエゾンを集中的に学習できる英語教材を使うと言う方法もありますよ。

    日常会話の中で頻繁に登場するリエゾンを集めている英語教材などもあるので、そのような物を使ってリスニングを鍛えると、飛躍的にリスニングが伸びるかも知れませんね。

     

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆