DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

メリットとデメリットを考えて三つの読み方を使い分けよう!

    英文を読む機会としては、小説や物語といった洋書を読む場合から試験や普段の学習という様に、様々にあります。そして、読み方もそれぞれに適したものがあります。そこで、ここではそれぞれの読み方について紹介していきたいと思います。
     

    読み方は3種類に分けられる!

    &nbsp
    英語に限らず文章を読む場合には、様々な状況や洋書や試験等といった目的が考えられます。

    そして、それぞれに応じて読み方というのも変える必要があるのです。

    私たちは普段日本語によって文章を読む時、無意識に読み方を変えておりそれらは3種類に分類する事ができます。

    それは、速読と多読そして精読でありそれぞれに長所と短所を持つので、それを踏まえ適宜使い分ける必要が出てくるのです。

    以降では、それぞれのメリットデメリットについて紹介していきたいと思います。

    時短重視なら速読!

    &nbsp
    まず速読というものがあります。

    速読はこの言葉の通り、文章を早く読むための方法です。

    なので、短い時間で沢山の英文を読むことに優れていると言え、試験本番やビジネスシーンといった限られた時間内で読まなくてはならない時に、威力を発揮します。

    またこの方法では、何のために読むのかといった目的意識を持って読む事が出来るので、効率よく内容を理解する事ができます。

    その一方で、補足的な部分は読み飛ばしてしまうので丁寧に読む時と比較すると、うわべ的な理解にとどまってしまいやすくなるうえに、人によっては飛ばし読みの癖がついてしまう場合があるので注意が必要です。

    語彙力を増やし英文慣れするなら多読!

    &nbsp
    次に、多読というものがあります。

    これは様々な文章を読むことを言い、これにより様々な分野の単語や表現に触れる事が出来るので、語彙力をつけるまた英文慣れを図る事ができます。

    しかしその反面、一つの内容に集中して読むわけではない為書かれている内容を、身につけづらくなってしまいます。

    内容をしっかり読み込むのなら精読!

    &nbsp
    最後に、精読があります。

    これは、速読と相反するもので書かれている内容を1文1文じっくりと読んでいく方法で、内容の理解を重視した方法です。

    なので、時間に余裕がある時や基礎学習また物語や小説といった洋書等を楽しむ時の方法といえます。

    学習の場合には、分からない言い回しや単語また熟語に出くわす度に辞書により調べていくので、じっくりと深く内容を飲み込む事ができます。

    また、時間をかけ読む事から自分なりの解釈を持ちながら読み進めることができます。

    しかしこの方法は、一つの文章読み切るのに時間がかかるので絶対値としての読書量が少なくなってしまい、そのことから語彙数を増やすといった学習法には向いていないといえます。

    自分の目的や状況に合わせ使い分けよう!

    &nbsp
    文章を読む目的やその環境は人によって異なり、適切な読み方もそれに応じて変わってきます。

    この事から、自分の目的や読書環境に応じて速読や精読そして多読を適宜使い分ける必要があります。

    こうすることで、効率のよいリーディングをできるようになるのです。

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆