DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

ボキャビル(R)マラソン【アルク】評価効果レビュー

alc_vocabpowerup

    ボキャビル(R)マラソンMUSTとボキャビル(R)マラソン・パワーアップコースの評判。ボキャビル(R)マラソンの効果を体験した口コミ。竹蓋Vメソッドで語彙習得。チャンツで英単語を学習。私「でいすけ」が総合的に評価した。

    ボキャビル(R)マラソン【アルク】内容・評判

    英語学習をする時には、どれだけの語彙力があるのかと言う事は大切になってきます。

    そのため、英語のネイティブでない方が学ぶべき英単語には目標とされる数値があります。

    それは、約6000語と言われています。

    ですが、急にそれだけの英単語を学習するように言われてもできないと言う方もいます。

    そこで、英語教材を多く手がけた経験があるアルクが、これだけの英単語を知っていれば日常の英会話では困らないと言う「3000語」をピックアップしました。

    その3000語を学習していけるのが、こちらの「ボキャビル(R)マラソンMUST」と言う教材です。

    しかしながら、一般的な方法で英単語を学習しても、数週間もすれば、ほとんど記憶していないと言う事になってしまいます。

    そこで、こちらの教材では、11週間しても93%の語彙定着率を誇っていた「竹蓋Vメソッド」と言う学習法を採用しています。

    この「竹蓋Vメソッド」と言うのは、大阪大学の竹蓋順子准教授によって提唱されている語彙の学習方法の事です。

    簡単に言えば、学習する機会を分散する事で語彙の定着度を高めます。

    具体的には「楽しく学習する」「強く定着させる」「実用的な語彙の学習」「効率良く学習する」と言う点に注意して学習していきます。

    そして、次の5つの方法で進めていきます。

    1:頭の準備

    2:基礎練習

    3:応用練習

    4:確認

    5:復習

    このようなステップを踏んで学習する事に加えて、「読む、書く、聞く、言う」の4つの行為を有効に活用する事で脳の活性化を図ります。

    それにより、語彙をシッカリと定着させていく事を目的に学習します。

    こちらの教材には「ボキャビル(R)マラソンMUST」と「ボキャビル(R)マラソン・パワーアップコース」の二つが用意されています。

    前者は初級者向けで、後者が上級者向けとなっています。

    コースを選ぶ際には、自分のレベルをよく考えて選んでください。

    また、ボキャブラリーを強化すると言うのは英語力の向上を図る上では必須ですが、ここに着目した教材は少ないと言えます。

    その点では、効率良く英単語を学習していける数少ない教材なので、ボキャブラリーを強化したい方にはお勧めの教材と言えます。

    ボキャビル(R)マラソン【アルク】体験・感想

    私の場合は、自分のレベルを考えると「ボキャビル(R)マラソン・パワーアップコース」の方が良いと考えて、こちらを受けました。

    基本的には、毎月送られてくるCDとテキストに従って学習を進めると言うオーソドックスな手法でした。

    CDの収録内容は学習する英単語や例文などで、このCDだけでも学習が可能になっていました。

    CDだけの学習では10分程度、CDとテキストを使ってシッカリと学習しても40分程度です。

    特に聞くだけで学習できるのは、通勤時間なども利用できるので効率的な学習が行えます。

    私も状況に合わせて学習モードを決める事ができたので、非常に効率の良い学習を行う事ができました。

    また、特徴的な事を言えば、こちらの教材には「チャンツ」と呼ばれる部分がありました。

    こちらでは流れる音楽に合わせて、英語から日本語、更に英語の順に繰り返されました。

    調べてみると、児童の英語教育分野などでも用いられているようです。

    とにかく、音楽に合わせて英語が持つ独特のリズムなどを体感できるので、とても楽しく学習できました。

    もしかすると、合わない方もいるかも知れないので、この点には注意しておいてください。

    効率良く暗記する事が促進されるので、これこそが最大の特長であると感じました。

    テキスト内容を紹介

    <Power Chant>

    こちらは読解力を鍛えるための重要な語彙の学習となっています。

    先ずはCDを使って、チャンツを聞く所から学習が始まります。

    前日のチャンツを先に聞いて、前日に学習した英単語を復習します。

    その後、その日の英単語の分を聞いていきます。

    この「Power Chant」では1920語を学習します。

    主に名詞を学習します。

    <Daily Words>

    こちらは英会話の能力を鍛えるための重要な語彙の学習となっています。

    後の会話文に登場する英単語や熟語を学習していきます。

    先にCDを使って予習を行ってから、会話文に入ります。

    予習しておいた英単語や熟語が含まれる会話文を聞きます。

    1日に2つの会話文を学習していきます。

    CDには「英語から日本語」と「英語だけ」の2種類が収録してあります。

    この「Daily Words」では1200語を学習します。

    主に動詞やイディオム、副詞などを学習します。

    <Daily Workout>

    ここでは学習した英単語を復習していきます。

    穴埋め形式の問題やリスニング形式の問題など、その日によって異なりますが、概ね英単語の復習には十分な内容となっています。

    これで1日の学習が終わります。

    1週間分が終了すると、その週に学習した英単語をシッカリと復習する総まとめを行います。

    このように、何回も繰り返す事により、少しずつボキャブラリーを増やしていこうと言う学習内容になっています。

    ボキャビル(R)マラソン【アルク】効果・評価

    こちらの講座では、3120語を学習する事ができて、主要な英字新聞の実に95%がカバーされていると言う頻出語彙でまとめられていると言う事でした。

    どこか胡散臭い広告内容でしたが、終了後に英字新聞を試しに読んでみた所、思ったよりも簡単に読めてしまったので驚きました。

    しかしながら、全ての英単語を把握できるようになった訳ではありません。

    あくまで、英字新聞の記事を読んだ時に、その内容を理解するために必要な語彙力は身に付いていたと言う事です。

    それだけの効果があったので、広告もウソとは言えません。

    このように英字新聞を読めたと言う事は、英検1級のように非常に高度な時事英単語が頻出するような資格試験を受けようと考えている方には打って付けの内容と考えられます。

    こちらの講座を受講するためのレベルは、TOEICでは550点以上、英検2級以上となっていますが、実際にはもう少し高いレベルが必要だと考えます。

    私の経験から判断すると、TOEICであれば750点以上であり、英検準1級以上と言うレベルだと思いました。

    また、スピーキング強化のためにボキャブラリーを増やしたいと思うのであれば、パワーアップコースを受講する必要はありません。

    初級者向けの「MUST」を受講するだけで十分だと思います。

    ボキャビル(R)マラソン【アルク】のここをチェック!


     アルクによって選び抜かれた重要な語彙を効率的に学べます。
     英検1級のような高難度の資格試験の受験者にお勧めです。
     自分の能力に見合ったコースを選択しましょう。

     

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆