DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

ヒアリングマラソン6カ月コース【アルク】評価効果レビュー

alc_hearing6m

    ヒアリングマラソン6カ月コースの評判。その効果を体験して口コミする。中級者以上の講座で1000時間ヒアリングマラソンと同じ。様々な機能がある。総合的に評価する。ヒアリングマラソンのレビューを私「でいすけ」が紹介する。

    ヒアリングマラソン6カ月コース【アルク】内容・評判

    こちらの教材は通信講座となっています。

    この「ヒアリングマラソン6カ月コース」と言う教材は「1000時間ヒアリングマラソン」と言う教材の学習期間を半分にした特別コースとなっています。

    つまり、1,000時間の半分を体験すると言う事なので「半年で英語を500時間程度学習」する事ができると考えてもらえば良いでしょう。

    期間を半分に短縮しただけなので、教材の内容は「1000時間ヒアリングマラソン」と何ら違いはありません。

    1年間も英語学習を続けられる自信がない方、取り敢えず英語学習をしたと言う達成感や充実感を味わってみたい方、先ずはヒアリングマラソンを試してみたい方などのためにあるコースと言えます。

    どんな事でも長期間続けていると、中だるみをしたり、スケジュールに狂いが生じてしまったりする事になります。

    特に後半になると、学習方法に慣れてきて、初めの計画通りに学習が進まなくなってしまいがちです。

    そうならないために、学習期間を短縮して、着実に英語学習の効果を積み重ねる事を目的にしていると考えられます。

    ダラダラと続けるよりも、短期間でも集中して行う方が効果は高いと考えられます。

    ヒアリングマラソン6カ月コース【アルク】体験・感想

    こちらの教材は、正にその効果を考えていると思われます。

    期間が短いだけで内容は「1000時間ヒアリングマラソン」と何ら違いがないため、こちらも難易度は少々高いと考える必要があります。

    6カ月と言う期間は決して長期間と言う事はありませんが、軽く考えて学習を継続できる期間でもありません。

    ある程度の覚悟を持って学習に真摯に取り組まなければ、ハードな内容に負けてしまうでしょう。

    一方で、シッカリとした学習内容になる事は間違いないため、こちらで6カ月間英語を浴びるように聞くだけでも、十分な実力アップが期待できます。

    この「ヒアリングマラソン6カ月コース」でも「1000時間ヒアリングマラソン」と同じ機能があります。

    ですから、こちらにも「実績の記録」や「スケジュールの管理」の機能があり、WEBでテストを提出する「テストコ」と言う機能も当然のように備わっています。

    もちろん、10名も在籍しているコーチ陣から分かりやすいアドバイスをしてもらう事や疑問点を質問するコーナーも同じようにあります。

    学習する内容も比較的難しい物となっており、中級者以上の方に向けた内容となっている事まで同じになっています。

    つまり、全く同じ内容と機能が充実している中で、学習期間だけが短くなっています。

    本当にヒアリングマラソンをハーフにしただけと言う印象です。

    ヒアリングマラソン6カ月コース【アルク】効果・評価

    レベルとしては中級者以上のレベルを有していると思っている方でも、1年間も続けるには不安があると言う方もたくさんいます。

    そのように、学習意欲に学習継続の自信が伴っていない方には打って付けの内容と言えます。

    誰でもこのような不安を抱えています。

    それだけに、試してみるつもりでヒアリングマラソンを始めたい方にはお勧めと言えます。

    ですが、レベルに関しては、かなり難しい事は確実です。

    ですから、学習内容についていけないかも知れないと考えているようであれば、こちらを選ばずに、もっと簡単なコースを選択した方が失敗しないと言えます。

    特にヒアリングマラソンのシリーズは豊富なコースが準備されており、使う教材の内容によって何段階もレベルがあるので、無理に難しいコースを選ぶ必要はないと言えます。

    よく考えて、自分に最も適しているコースを選択しましょう。

    ヒアリングマラソン6カ月コース【アルク】のここをチェック!


     1年間も継続する自信がない方に適している内容です。
     レベルは中級者以上で「1000時間ヒアリングマラソン」と全く同じである。
     学習期間だけが短くなっています。

     

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆