DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

ネイティブスピーク【英語の発音最強英会話教材】

    英語教材ネイティブスピークとは?ネイティブスピークの特徴。発音学習は大切。口の中の様子が見える唯一の教材。発音を勉強するとは?発音で大切なリエゾンとは?英語で大切な発声方法。発音の勉強方法を解説。

    ネイティブスピークを使ってみよう

    英語学習と言えば、普通は文法や単語と言う事になります。英単語の勉強は、ボキャブラリーと言う面では必要ですね。

    ですが、何よりも英語学習では発音から身に付けるのが鉄則と言っても良いくらいだと思います。発音を習得しておけば、色々と良い事もありますからね。

    さて、本題に入りましょうか。

    発音の勉強をしたいと思っても、どうやって勉強すれば良いのか分からないと思います。誰かに教えてもらうと言っても、英会話スクールに通うのは面倒ですよね。通っていても、英語の上達が感じられないと言う事で行かなくなってしまう人も多いようです。

    しかし、知り合いに英語を話せる人はいないと言う人も多いと思います。仕事場などに英語を話せる人がいても、いつも教えてもらうと言うのでは、相手にも迷惑をかけてしまいます。

    こうなると、やはり英語教材で学習するのが現実的な方法と言う事になってしまいます。ですが、発音を勉強するためだけの英語教材と言うのは少ししかありません。

    UDA式などがありますが、おススメなのは「ネイティブスピーク」です。

    もちろん、本屋に行けば発音方法が図で描かれたテキストなども売っています。ほんの数千円で手に入りますが、分かりにくいですよね。

    口や舌の絵が書いてあって、こうやって発音します……とか言われても、分かるはずがありませんよ。

    例えば、これが「ケーキの作り方」だったとしたら、どう思いますか?このくらいまで泡立てて、薄力粉を入れてから混ぜ過ぎない程度に混ぜます……なんて事を言われても、未経験者にはサッパリ分かりませんよね。

    ケーキを作った事があれば、どの程度にすれば良いかは分かるかも知れません。しかし、未経験者にとっては、何を言っているのかも分かりません。仮に写真があっても、その通りにできるとも限りません。

    つまり、発音方法でもケーキのレシピでも、動かない図から全てを読み取るには、それなりの技術や経験が必要と言う事なのです。ですから、テキストだけで発音方法を学べる人は限られていると言うしかありません。

    発音方法のテキストでは、図を見ながら発音方法を学んで、後はCDの通りに発音していくと言うスタイルが普通です。分かりにくいので、私の経験では無理でしたと言うしかないですね。

    とはいえ、王道の方法であり、テキストだけで理解できる人もいるのでダメとは言いませんが、おススメはできません。

    どうすれば分かりやすくなると思いますか?

    取り敢えず、ケーキの作り方で考えてみましょう。料理番組などを見れば、レシピだけを見るよりはずっと分かりやすくなると思いませんか?

    目の前で手本を見せてくれるので、テキストよりも分かりやすいですよね。どのくらいの状態になるのか、時間はどのくらいかと言うのも分かるので、レシピも動画になっている方が分かりやすいと言えます。

    これを英語の発音学習に持ち込んだのが、動画で発音方法を学べるUDA式と言う教材です。テキストだけでは分かりにくかった部分を動画で補っています。

    UDA式は、ネイティブスピーカーが実際に発音している姿を撮影した動画のDVDが付いている英語教材です。正面だけでなく、横からの姿も見る事ができるのでテキストだけで学習するよりは随分と分かりやすくなっています。

    少し前には英語教材の中では群を抜く売れ行きを示していました。動画にすると言う発想がそれだけ画期的だったと言う事ですね。

    同じようにDVDが付いている教材には、成功英語発音の3ステップと言う教材があります。こちらも発音のセミナーの様子を収録したDVDで勉強すると言う物ですが、説明がとても分かりやすくて良いと言う物です。

    このように、動かない図を見るだけでは難しい部分を補う形で動画を用いると言うのは、画期的な方法と考えられます。事実、テキストを見るだけよりは分かりやすいですからね。

    しかし、ネイティブスピークはその上を行っています。

    他の教材がどれも優秀と言う事は間違いないのですが、ネイティブスピークはもっと視覚的な理解をしやすくしている面で価値があると考えています。

    つまり、有名で優秀な教材を更に進化させたような教材であるネイティブスピークは、発音学習の最も画期的な教材だと自信を持っておススメできます。

    ネイティブスピークはありそうでなかった教材だと思います。

    その良い所を順に解説していきましょう。

    ネイティブスピークのここがスゴイ!

    英会話学習をするのであれば、実際に話せなければ意味がないですよね。つまり、発音の仕方を学ぶと言うのは避けて通るべき事ではないのです。

    ですが、発音の勉強と言われると、どうしても英語や英会話の学習と言う気がしません。しかし、発音の勉強はとても大切なので軽視しない方が良いですよ。

    なぜならば、英会話の勉強をする時に、発音の勉強をすると言うのは話をするための基礎を固めていると言う事です。発音ができなければ、英語を話しても通じるはずはありません。

    サッカーで言えば、英語学習で文法を勉強する事はルールを勉強する事に相当するでしょう。同じように発音の練習は、サッカーの練習では、パスやドリブルの練習と言えます。そして、サッカーの試合が実際の英会話と言う感じですね。

    サッカーの試合でパスやドリブルの技術が欠かせないように、発音は英会話をスムーズに運ぶためには欠かせません。

    また、経験から言いますが、発音が上達すると英語力はアップしやすくなります。発音が上達すれば、文法が正確でなくても、単語を並べているだけでもネイティブスピーカーに伝わるようになります。

    ネイティブスピーカーも一生懸命に聞いてくれるので、英語を話す機会は増える事になるでしょう。正確な発音ができるようになれば、英語を話す楽しさを感じられるようにもなります。

    つまり、発音の勉強をして上達すれば、英語学習に相乗効果を与える事になるのです。

    では、具体的にどう変わるのかを挙げてみましょう。

    1.自分が話した英語をネイティブスピーカーが聞き取れる。

    2.自分の正確な発音を聞く事で、ネイティブスピーカーの発音も聞き取れるようになる。

    3.英語に自信が持てるようになり、積極的に英語を使う機会を増やせえるようになる。

    4.英語学習が楽しくなり、学習意欲がわく。

    5.簡単な英会話をしても、英語が話せるように見える

    少し言っただけでも、これだけの事があります。

    特に英語学習をする人にとっては、学習意欲がわいたり、英語を話す機会が増えたりするのは、英語習得が早くなるので願ってもない事だと思います。

    これだけでも発音を勉強する価値がある事が分かりますよね?

    そして、逆に言えば、発音学習の有無が英語力アップを左右するとも言えます。

    先程の例のように、発音がサッカーのパスやドリブルであるならば、一本のパスがゴールにつながる事もあるので、どれだけ大切かは分かりますよね。

    これが、発音が大切だと言う理由でもあります。

    では、ここからは「ネイティブスピーク」の具体的な学習方法を解説していきましょう。

    ネイティブスピークはDVDを使って学習していきます。DVDプレイヤーがなくても、パソコンでも大丈夫ですよ。

    どちらもないと言う方は……困りましたね。格安のDVDプレイヤーでも購入してもらうしかありません。スミマセン、何とかしてください。

    さて、準備ができたら、早速学習に入りましょう。

    DVDで学習すると言っても、テキストも付属しています。と言っても、ネイティブスピークを使った発音の学習方法などが書かれているだけなので、初めにサラッと読む程度で問題ないでしょう。

    基本的にはDVDを使って勉強すると言う事です。テレビの教育番組を見て勉強する感じに似ていますね。

    ネイティブスピークは、三段階で学習を進めていきます。

    1.一つの音をピックアップして、その正しい発音方法を学習する。

    2.滑らかに発音できるようにする。

    3.英語の独特な発声について学習する。

    実に、順序良く学習できるようになっています。

    一つの音をピックアップして、その正しい発音方法を学習する

    もちろん、大切なのは「一つの音について正しい発音方法が学習できる」と言う点です。

    一つ一つの音が正確に発音できなければ、最終的に英単語の発音は正確になりません。そのためには、この音はこう言う発音だと身に付けていくのは効率的です。

    前に説明したように、ネイティブスピークはかなり工夫されている教材です。分かりにくい部分を動画やCGで勉強できるのですが、最も良いのは、ネイティブスピーカーの口の中の様子が分かる点です。

    発音している様子は普通の録画映像でも分かりますが、口の中は絶対に見えませんよね?

    発音で大切な「舌の使い方」がCGを使った動画で見る事ができるようになっているのです。説明だけでは分かりにくいと思いますので、実際のCG動画を参考にしてください。

    かゆい所に手が届いた感じですよね。しかも、CGですから動かす事だってできます。つまり、発音する時に舌がどのように動いているのかを見る事ができるのです。

    これがテキストであれば、舌が最後にどこに行けば良いのかと言う事くらいしか分かりませんよね。動画であれば、口の動かし方が分かるくらいです。

    今までは分からなかった「舌の使い方が理解できるので、後は真似をすれば良い」と言う事になります。同じようにすれば、正確な発音になるはずですよね。

    とても画期的でスゴイ教材だと思いました。

    実際に目で見て理解できるので分からないと言う事もありません。これなら英語を勉強した事がなくても、正確な発音を身に付けるのは難しくないですよね。

    百聞は一見に如かず……見て理解すれば、真似をするのも簡単です。時間をかけて理解しなくて良いので、正確な発音が早く身に付きますよね。

    他の教材のように理解するまでに時間もかからないので、発音学習に長い時間をかける必要もありません。ですから、最も早く正確な発音が身に付くと思われます。

    それに、一つ一つの音を順番に学習できる上、母音や子音と言った英語の発音に必要な全ての音を学習する事ができます。学べるのは16個の母音と24個の子音です。

    また、舌の動きはCGですが、ネイティブスピーカーが実際に発音する時の口元の映像もあるので、口の開け方が分からないと言うような事もありません。正面と横からの映像で気になる事は全て学べます。

    自分が学習したい音を選んで動画を見るだけですから、難しい事もないですよね。しかし、音だけを学んでも実用的とは言えません。そこで、単語や文章の中で、その音がどのように発音されているかも確認できるようにもなっています。

    また、動画には解説も付いています。このように発音しようと言う音声解説なので、後でテキストを見ると言うような面倒もありません。

    これで完璧……ですよね?

    後はひたすら繰り返すのみ!

    日本語と英語の発音が違う事を理解して、動画を繰り返し見て発音を身に付けましょう。

    滑らかに発音できるようにする

    さて、基本的な音が発音できるようになれば、次に目指すのは何だと思いますか?

    そうですね、ネイティブスピーカーみたいに話したいとなりますよね。そこで、身に付けたいのが「リエゾン」です。リエゾンって何だ?……と思った方もいますよね。

    リエゾンと言うのは、簡単に言うと「あれ?普通と発音が違うよ!」と言う物です。

    ……全く分かりませんよね。

    具体的な例を出しましょう。

    「Did you……」と言う文章があった場合、普通に「Did」と「you」をバラバラに発音した時と違って「ディジュー」と言う感じで発音された経験がありませんか?

    「get you」も「ゲッチュー」と言う感じですね。

    もちろん、カタカナで表記しているので正確な発音ではありませんが、このように発音された事があると思います。

    これがリエゾンです。

    要するに、発音しにくい音が発音しやすいように変化している状態の事です。全く同じ物ではありませんが、日本語でもこう言う事はありますよね。

    つまり、このリエゾンが上達すれば、発音が滑らかに感じられるようになるのです。このリエゾンは、英語にはたくさんあります。

    ネイティブスピークでは、特によく使うリエゾンである39種類を勉強できます。どれも英会話ではよく使う物ばかりなので、日常英会話を学習したい人には持って来いだと思います。

    また、39種類と言うのも英会話を学習する上では十分です。

    ちなみに、教えてくれるのはケイトリン先生です。アメリカ人のネイティブスピーカーなので発音も正確です。ケイトリン先生のお手本と解説を聞いて、後は自分で練習するだけです。

    もし発音で分からない部分があれば、前の発音方法を学習した所に戻れば良いので、困る事は何もないですよね。

    これだけ聞くと、リエゾンが難しいから練習しようと言っているように聞こえるかも知れません。ですが、よく考えてください。

    発音がしやすいように変化するのがリエゾンです。英単語を普通に発音するよりも発音しやすいようになっているはずですよね。

    つまり、正確な発音を身に付けていれば、リエゾンは簡単なので39種類のパターンを覚えるくらいの気持ちで練習すれば問題ないと思いますよ。

    英語の独特な発声について学習する

    最後に発声について学習します。

    簡単に言えば、ボイストレーニングです。

    これ、どうしてだと思いますか?

    賢い方は覚えていると思いますが、英語の発音学習で大切なのは「口」と「舌」と「声帯」でしたよね。

    声帯を使うと言う事について考えると、歌の練習が思い出せませんか?そう言う意味でも発声は大切と言う事ですね。

    しかも、日本語よりも英語の音数が多いので、声帯の使い方も日本語よりも遥かに複雑になります。言うなれば、日本語と英語では発声方法が根本的に異なっていると言う事です。

    口先だけを使って声を出すのではなく、お腹から声を出すイメージで話すのが英語と言う事です。英語の正確な発音のためには、声帯を使うと言う事をより意識する必要があると言う事でもあります。

    英語では、口先だけで話さずにシッカリとお腹から声を出すようにしましょう。そうしないと、普段からしっかりと発音しているネイティブスピーカーには聞き取ってもらえないと言う事もあります。

    そのためにも、ボイストレーニングが必要になるのです。面倒に感じても、これが英会話には必要だと思って練習するしかないでしょう。ケイトリン先生が具体的な指導をしてくれますので大丈夫です。

    また、ケイトリン先生の説明は英語です。英語は分からないと言う方でも問題はありません。日本語字幕も付いていますし、音声を日本語にして英語の字幕で学ぶ事もできます。

    英語の発音に慣れてからは英語で聞くようにして、初めは日本語音声で勉強すると言うやり方も良いかも知れませんね。

    ボイストレーニングと言っても慣れる事が最大の目的です。

    日本語のような発声方法では英語が通じないので、英語の発声方法に慣れるための練習と言うように考えましょう。

    英語の発音には「声帯の使い方」も重要です。その事をしっかりと意識して、英語の発声方法を習得しましょう。

    このように、ネイティブスピークがあれば、発音に関する事は全て学習できると言えます。もどかしく感じていた「口の中の様子」を見る事ができる画期的な英語教材は他にはありません。

    英会話学習では話す事が最終目標ですから、発音と言うのはとても重要な位置を占めていると言えます。

    話すために英語を勉強するのですから発音学習は必須であるはずなのに、発音学習を怠ってしまう方も多くいます。どれだけ英語を学んでも、使えなければ意味はありませんよ。

    正確な発音を身に付けて、楽しく話せるようになりたいと思いませんか?

    ネイティブスピークは最も効率的に発音学習ができるので、とてもおススメです。

    役立つ教材を知った今こそ、あなたが発音学習を始める時だと思います。

    ↓「ネイティブスピーク」↓

    >>童話・物語のサンプル音声はこちら<<

    現在も1冊1,000円で大好評販売中E-BOOK45冊すべて!【45,000円分】

     

    >>全てのパッケージ一覧はこちら!<<

    ↓「ネイティブスピーク」↓

     

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆