DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

ディクテーションって、どんな練習方法ですか?

    ディクテーションについて解説する。ディクテーションのやり方とは?英語を聞いて紙に書く作業。難しい物を選択しない事がコツ。スクリプトを用意する。TOEICの問題集がオススメ。シャドーイングなどもオススメ。

    ディクテーションって、どんな練習方法ですか?

    英語学習には、様々な方法があります。

    リスニング学習の一つである「ディクテーション」も広く行われている学習方法です。

    しかし、ディクテーションと聞いても、ピンとこない方も少なくありません。

    そこで、このディクテーションについて解説してみたいと思います。

    ディクテーションのやり方を教えてください。

    ディクテーションがどのような学習方法なのか、そこから話を始めましょう。

    ディクテーションとは、英語の音声を聞いて、それを紙などに書く作業の事を言います。

    つまり、耳で確認した音声を文字にする作業ですから、十分に英語を聞き取って理解する事ができる必要があります。

    簡単に言えば、リスニング力が必要な学習方法ですが、普通のリスニングよりも細かく聞き取る事ができなければなりません。

    しかも、聞き漏らす英単語があっては意味がなくなり、集中して英語を聞く必要もあります。

    一言で言ってしまえば、非常に疲れる学習方法です。

    その一方で、集中して英語の音声を聞くので、リスニングが鍛えられる事は言うまでもないでしょう。

    とても効果があると実証されている学習方法ですので、できるだけ取り入れた方が良いと思います。

    過去のベストセラー本を見てみると、ディクテーションの効果を高く評価して推奨している物があります。

    実際に試してみると分かりますが、リスニングはかなり効果的に強化できます。

    また、英語教材でもディクテーションは推奨されています。

    ディクテーションが行える教材も複数あり、ぜひとも英語学習に取り入れてもらいたいと思います。

    ディクテーションの注意点はありますか?

    ディクテーションは、英語学習の中でも比較的難しい学習方法と言えます。

    集中力も必要になり、時間もかかる学習になります。

    しかし、その効果を考えると、取り入れるべき学習方法だと思います。

    そこで、ディクテーションを積極的に取り入れてもらいたいと思いますが、その素材の選び方には注意しておいてください。

    ディクテーションは考えているよりも、難しいと思ってください。

    だから、最初に難しい素材を選んでしまうと、中々学習を進められずに失敗してしまう可能性があります。

    難しい物を選択せずに、自分のレベルよりも少し上くらいの物を使うようにしましょう。

    自分のレベルが分からないようであれば、簡単だと思う物でも構いません。

    長い英文に挑戦して失敗すると、自信喪失につながります。

    しかし、簡単な物で成功すると、できると言う自信が付く事で、少しレベルを上げて挑戦したくなるものです。

    つまり、挫折するくらいなら、簡単な物で自信を付けた方が次につながりやすいと言えます。

    どちらにしても、自分のレベルよりも高過ぎる物を使わずに、徐々に難易度を高くしていくつもりで始めるくらいが丁度良いと思います。

    最初は慣れる事が大切です。

    慣れてからは、自分のレベルを上げる事を中心に考えていけば、挫折する事もないでしょう。

    また、ディクテーションは英語の音声を聞いて、それを文字にする事で学習を進めていきます。

    つまり、聞く英語音声のスクリプト(台本)が必要になります。

    何にしても、解答がないと始まらないと言う事です。

    このスクリプトが用意できる英語音声を使うようにしましょう。

    オススメの素材はありますか?

    自分のレベルに合わせた素材が最も良いと言われても、適した物が見つかるとは限りません。

    そこで、簡単に適した素材を見つける方法を紹介しましょう。

    それは、TOEICの問題集です。

    TOEICにはリスニングもありますので、その問題集を使えば、自分のレベルも図りやすくなります。

    もちろん、英語の音声が収録されたCDも付属していますし、ディクテーションに使うには持って来いでしょう。

    TOEICは必ずしも受験する必要はありませんが、英語学習をするのであれば、自分の英語スキルを堂々と紹介できるようにするためにも、TOEICを受験する方が良いでしょう。

    そう考えると、TOEIC対策にもなるので良いと思います。

    ディクテーションには十分な効果がある反面、時間がかかりますし、十分な労力も必要になります。

    そこで、ディクテーションだけを行わずに、リピーティングやシャドーイングも効果的に取り入れましょう。

    リピーティングもシャドーイングも、ディクテーションと同じような効果を得る事ができます。

    こちらはスピーキング力も鍛えられるので、オススメの学習方法です。

    様々な学習をバランス良く取り入れると、無理な学習にならずに良いと思います。

    また、自分に合わないと思った時は、効果がある事や広く推奨されている事などは忘れて他の学習方法を取り入れる事が、英語学習に挫折しないコツと言えます。

     

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆