DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

スピーキング力を応急措置するならチャンクを覚えよう!

    実践的で実力的な英会話力を身に付けるには、ある程度の時間と地道な学習を要しますが、人によっては、すぐに英会話が出来る様にならなくてはならない場合もあります。そこでここではそういった事に備え、付け焼刃の方法を紹介します。
     

    とりあえずチャンクを覚えよう!

    &nbsp
    実力としての実践的なスピーキング力を身に付けるには、文法の学習や語彙数の増加そして発音やイントネーション矯正等といった学習が必要であり、相応の時間的資源も要します。

    しかし、時間をかける余裕があればよいですが、急な転勤等といったあまり学習にかける期間が残されていないといった事も、無きにしもありません。

    こういった場合、チャンクというものを覚え使う練習をすると、一応的には英会話が出来る様になります。

    チャンクとは、ネイティブの外国人が日常会話で頻繁に用いる、短めの文や言い回しの事です。

    これらを覚えかつ使うための練習をする事で、表現的には一辺倒となりやすくなりますが身に付くほど効果を実感しやすく、なんとか英語で意思伝達が出来る様になります。

    場面とチャンクを結び付けて覚えよう!

    &nbsp
    せっかくチャンクを覚えても、使えなくては意味がありません。

    なるべく実用的なかたちでチャンクを覚えるには、使うべき場面とセットで覚える必要があります。

    でないとどういった場面で使うべきなのかが分からず、正に宝の持ち腐れとなりかねないからです。

    そうならない為にも、そのチャンクを使う具体的な場面をきちんと想定確認しながら、学習する事が重要となってきます。

    この事にさえ気を付ければ、最初から理屈的な勉強をしたくないまた短期間でとりあえず、最低限的なスピーキング力をつけたいといった場合に限り、効率的だと言えます。

    チャンクの暗記は付け焼刃

    &nbsp
    但しこの方法には注意が必要です。

    それはあくまでも、その場しのぎ的なものでしかなり得ないという事です。

    どういう事かというと、この学習法だけでは想定した場面以外の表現が出来ないので、瞬間的な機転が利きにくいのです。

    言語の種類に限らず、会話において使う表現は多岐にわたりとても想定しきれません。

    この学習法はあくまでも、それらの中でも特に使う頻度の高いものを優先して覚えていくので、もしそれ以外の表現が必要となる場面が起きてしまえば途端に無力と化してしまうのです。

    なので、実践的で本当のスピーキング力を手に入れるためには、語彙的文法的学習やリスニング学習等といった、堅実的な学習を追随させ行う必要がある事を忘れてはなりません。

    特にリスニングと文法的学習そして発音矯正は、ネイティブでない私達にとって重要な位置づけにあります。

    何故なら文法であれば、これが分からなければ特にネイティブ相手の場合において、伝わりやすい英語を話す事は出来ないからです。

    しかしこれらの学習は初心者にとって、効果を実感しにくい事から継続させにくいものであり、そういった意味ではモチベーション維持のためチャンク学習が役立つとも言えます。

    チャンクで自信をつけて意思伝達しよう!

    &nbsp
    英会話に使えるスピーキング力を身に付けるには、相当の期間と地道な努力を要します。

    しかしこういった学習法は、初心者にとっては継続させにくく即効性に欠けます。

    こういった場合、チャンクを場面と一緒に組み合わせ学習する事で補う事ができます。

    しかしこの方法は、あくまでも付け焼刃でしかないことそして使いこなせる様になるには、場面からチャンクを思い出せるよう練習する事が、重要であるのを忘れてはなりません。

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆