DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

スピーキング力を上げたいならテキストを音読しよう!

    スピーキング力とは字義通り、英会話力です。そして英語で会話が行えるには、相手の英語を聞き取れ理解でき英語により意思伝達できる力の、両方が必要となります。ここでは特に、英語を話す力をつけるための学習法の一つを紹介します。
     

    英語が話せるには口と耳を英語に慣れさせろ!

    &nbsp
    英語により意思伝達が出来る様になるのには、文を作る為の文法的な知識も必要としますが、固有の表現法やリズム等も会得する必要があります。

    実は日本語と英語では、特に口語上において使われる発音の音や欠落または、繋げてしまう音等が存在します。

    しかし母国語が日本語である私たち日本人は、こういった事に脳と耳そして口が慣れておらず言語として無意識下で認識する事が出来ないのです。

    なので、英語を話せる様になるにはまず英語に耳と脳そして口を慣らさせ意識しなくとも、言語としてとらえられるようにトレーニングする必要があるのです。

    英語慣れの第一歩は音読から

    &nbsp
    では口耳脳を英語慣れさせる効率的な方法はなんでしょうか。

    それは、ズバリ音読です。

    一見無関係に思えますが、そうでもありません。

    というのも文を自身で読み上げますので、目で認識しつつ耳と口そして考えるつまり脳を同時に使い英語に触れる事になります。

    この事により、英語固有の言い回し等の表現やイントネーション等々に、耳と口と脳を慣れさせる事が出来るのです。

    またこの方法は独学でも行う事の出来る、実践方法の一つとも言えます。

    シャドーイングも合わせるとより効果的

    &nbsp
    この方法は、自身の読み上げにより耳を英語に慣らさせていきます。

    なので、あまりにも日本語英語的な発音だとあまり実践的なスピーキング力を、身に付けられません。

    そこでこの方法に合わせ、シャドーイングも行ってみましょう。

    そうする事でネイティブの発音を知る事ができ、身に付けられるのでより実践的なスピーキング力を養う事ができます。

    具体的には、動画サイトを活用する方法です。

    現在動画サイトで、海外の女優さんや俳優さんのインタビュー映像が字幕付きで視聴できるようになっており、そういったものを活用する事で実質的なお金をかけずにトレーニングができます。

    おススメなのは、某ファンタジー映画で有名なエマ・ワトソンのその後についてのインタビューです。

    この人はイギリス人なので使うのは、クイーンズイングリッシュで有名なイギリス英語です。

    イギリス英語は、LやRの発音が日本の発音に似ているので、初心者のトレーニングに向いていると言えます。

    また字幕が付いている事から、止めながら字幕を書き起こせるので自分専用のテキスト作成もできます。

    もしこれが早すぎたり難しすぎたりするようなら、洋楽で耳を慣らさせるのも一つの手だと言えます。

    どんどん読んで英語慣れしよう!

    &nbsp
    相手に伝わりやすい英語を話せる様になるには、英語らしい発話が出来る必要があります。

    そしてそれらを私たちが身に付けるには、とにかく英語に慣れていく必要があります。

    理想は、普段の学習に合わせ実践的な練習つまり理解のある外国人相手に、英会話を行う事ですがそれは日本にいる上では現実的とは言えません。

    しかし、音読であれば手持ちの英文を使い行えるので、だれでも手軽に行う事ができます。

    音読であれば、耳と口そして脳をフル活用するので英語慣れしやすくなります。

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆