DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

スピーキング力をつけたいならリーディングの学習も有効!

    スピーキング力はその名の如く、英語を話せるために必要な能力です。しかしこれを初心者が習得するには、単語や文法また発音等の基礎学習が必要となります。ここでは、それら学習をひとまとめで行う方法を紹介します。
     

    英語を読める様になると話せる様になりやすい!

    &nbsp
    英語を学ぶ理由の代表格である英会話には、スピーキング力は欠かせません。

    実質、英会話を行うには相手の英語を聞き取れかつ自身の意思を英語で述べられなくてはならず、その為には英文を頭の中で組み立て口に出せる必要があるからです。

    さらにこれが出来るには、相応の語彙力や文法力等を必要とします。

    これらを特に初心者が学ぶ場合、一からそれぞれを学習する必要があり相当の労力と時間を要します。

    これに加え総合的な基礎学習もしなくてはならず、限られた時間内で取り組むには厳しいものがあります。

    そこで有効になるのが、リーディング学習です。

    一見スピーキングとは無関係に思えますが、実は共通点が多々あるのです。

    というのも、リーディングにおいても相応の語彙力や文法力そして内容を理解する力が必要であり、これらは先に挙げたスピーキングに必要な力と同じなのです。

    なお、英文を理解できるには英文に関するルールを飲み込めている必要があり、この事もスピーキング時に頭の中で文を組み立てる事に役立ちます。

    実際、実用的であり表現力豊かなスピーキング力を持つ、中学から英語を学び始めた日本人の人たちも、リーディングも良くできる傾向にあります。

    何故なら、読むことで多様な分野に関する単語や表現また知識が身に付けられ結果、表現の幅や話題が広がるからです。

    つまり、リーディング力をつける事でスピーキング力の上達にも寄与できるのです。

    リーディングは語彙力を付けやすい!

    &nbsp
    とはいっても、リーディングは特に初心者にとってはわからない単語等も多く、難しい学習の一つとも言えます。

    しかしその一方で、リーディングはたくさんの単語を効率的に覚えるための単語帳的な役割を果たします。

    というのも、ある程度の長文である場合その中にはある種のストーリーの様なものがあり、その中でも重要な単語は繰り返し使われかつ、実際の文脈つまり実例とともに単語の意味や使い方を理解できます。

    人は断片的なものより、一つの流れの様なものがあったほうが覚えやすいことが、学術的にも証明されています。

    つまり、一つの流れが出来上がっていてかつ一つの長文で反復学習ができ、長文自体が例文的な役割を果たすことから、長文のリーディングは効率よく単語を覚えるのに役立つのです。

    最初の頃は、辞書を沢山引かなくてはならなくても次第にその回数は減っていき、気づくころには辞書なしで読める様になっているはずです。

    その頃に合わせ、スピーキングの練習も行う事で英会話力へと繋がり、自ずと英語脳も出来上がっていきます。

    リーディングは継続が大事

    &nbsp
    先に述べた様に、リーディングを始めたばかりの頃はわからない単語や文の構成も多く、読み解くだけでひと苦労する事でしょう。

    しかし、それも辞書とお友達になりながら地道に読み続けるうちに、次第と重要単語も覚えられ簡単に読める様になっていくのです。

    なので、最初の単語を調べるという単純作業の繰り返しによる大変さに負け諦めることなく、地道に続ける事で確実に力はついていきます。

    英語を読み込んでスピーキング力につなげよう!

    &nbsp
    スピーキング力の上達は、英会話力の獲得に欠かせない能力の一つです。

    しかし、このスピーキング能力の土台には単語や文法に関する知識など様々な能力が存在し、それらすべてを網羅出来て初めてスピーキング力となり得ます。

    こういった特徴を持つスピーキング力を、効率的に身に付けるには英語の長文を読み込むことが、有効となってきます。

    何故なら、長文が読めるには単語力や文法関連等の知識という様に、スピーキングと同様の能力が必要となるからです。

    つまり、長文を読むことでこれらの能力をつけ発音練習を合わせることで、れっきとしたスピーキング力を身に付けられるのです。

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆