DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

スピーキングの練習って大事なの?

    スピーキングの練習を少しずつでもする。知識だけでは英語を話せない。話す練習が英会話を上達させる。英語を話すための筋肉が鍛えられる。英語独自のリズムを記憶できる。英語の表現や単語を自然と覚えられる。

    スピーキングの練習って大事なの?

    学校の授業では、英語を話す練習はあまりしません。

    英語を話す能力を「スピーキング」と言いますが、キチンと練習していますか?

    学校でしなかったくらいだから、英語学習でもしなくて大丈夫と思っている方もいます。

    それは大間違いです!

    英会話と言うのは、知識があるだけでは意味がありません。

    スピーキングを鍛えなければ、英会話の上達はありません。

    英語を話す練習をしてください。

    これこそが、英会話を上達させるために重要な事です。

    スピーキングの練習が大切な理由って?

    英語を話す練習をしなさいと言う理由があります。

    何よりも、話す練習をしなければ話せるようになる事はないからです。

    野球選手になりたい人は野球の練習をします。

    フィギュアスケートの選手になりたい人はフィギュアスケートの練習をします。

    つまり、何事も練習しなければ上達しないと言えます。

    サッカーの試合を見ているだけではサッカー選手になれないように、英語を話す練習をしなければ、英会話が上達する事はないと言えます。

    そして、話す練習をすれば、自然と英語を話す時に必要になる筋肉も鍛えられます。

    日本語と英語では口の動かし方が違います。

    当然、使う筋肉も違うので、それを鍛える必要があります。

    話す練習をしておけば、実際の英会話でもスムーズに英語を言う事ができるようになるはずです。

    そのためには、十分に練習して、口元などの筋肉を鍛えておく必要があります。

    また、繰り返し話す練習をしていれば、独特の英語のリズムにも自然と慣れる事ができるはずです。

    英語のリズムは日本語と違うので、慣れていないと非常に不自然な英語になってしまいます。

    実際の英会話では、不自然なリズムが原因でネイティブに聞き取ってもらえない事もあります。

    そうならないためにも、普段から英語を話す練習をしておきましょう。

    最後に、英語を話す練習をする事で、自然と英語独自の表現や英単語を数多く学ぶ事ができます。

    幅広い知識を身に付けられるので、英語で話をする時にも十分に役立つでしょう。

    このようにスピーキングの練習にはたくさんの効果が見込めます。

    良い効果があると分かっているのに練習しないのは勿体無いと思います。

    だから、毎日少しずつでも良いのでスピーキングを練習してください。

    苦手だと言う方も、5分や10分でも良いので、スピーキングの練習をする習慣を付ける事が英会話上達にもつながると思います。

     

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆