DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

スピーキングの練習だけが英語を話せるようにしてくれる!

    スピーキング上達のコツ。英語を話す練習を繰り返せ。口に出す事が唯一の手段。英語を話したい人はよく使うフレーズを暗記している。スピーキングの効率的な学習方法を解説。簡単な英会話のためにフレーズを覚える。

    スピーキングの練習だけが英語を話せるようにしてくれる!

    スピーキングが難しくないと言う事は、多くの方が理解できたと思います。では、どう言う練習をすれば、スピーキングが上達するのでしょうか?

    はい、そうです!

    繰り返しになりますが、よく使うフレーズを暗記するだけです。

    つまり、中学生レベルの英単語と頻出フレーズを暗記すれば、すぐに簡単な英会話が可能になるのです。しかし、気になる事がありませんか?

    そうですね。どうやって、そのフレーズを覚えたら良いのでしょうか?

    とても単純な事ですが、とにかく口に出す練習をするしかありません。簡単に言えば、英語を話す練習をしましょうと言う事です。

    そんな事は分かっていると思いましたよね?ですが、これはとても大切な事です。ここでは、その理由を説明しましょう。

    と……その前に、好きな歌手やアーティストを思い浮かべてください。

    そのアーティストが新曲を発表しました。

    あなたは、その新曲をカラオケで歌いたいと思いました。

    さて、どうするでしょう?

    そうですね、先ずは新曲を聞く事から始めるはずです。

    その時の事を思い出せますか?

    何度か聞いていると、段々と一緒に口ずさむようになるはずです。何度も口ずさんでいる内に、メロディーを覚えてその曲が歌えるようになりますね。

    それから、カラオケボックスで熱唱!……かどうかは分かりませんが、歌う事になると思います。

    これがポイントですね。

    新曲を歌いたいから歌う練習をする。

    それが英会話になれば、英語を話したいから英語を話す練習をする。

    同じ事です。

    英語が話せるようになる人は、必ず英語を話す練習をしています。

    天才的なスポーツ選手でも、練習をしないで一流になる選手はいません。上達したい事を繰り返して練習する事でしか、一流になる道はありません。

    ですから、英語を口に出す練習をする事はとても大切なのです。そして、覚えたいフレーズを声に出す事が重要なのです。

    このように言われると、英語を聞けば話せるようになると言うのは少し違うと思いませんか?

    英語学習で単語や文法だけを勉強すると言うのは、スポーツで言えばルールだけを勉強しているようなものです。実際に体を動かさないでスポーツができないと言っても、それは当然だと言われるだけですよね。

    同じように、英会話をする事を目指しているのであれば、何よりも英語を話す練習をする事が近道だと言えるはずです。

    練習しないからできないだけです!

    できるようになりたい事を練習するのは、どんな分野でも当たり前の事です。英会話だけが特別だと思ってはいけません。

    単語や文法を学ぶ事がムダとは言いませんが、話せるようになる練習とは言えません。

    英語を話すための練習をすれば、誰でも英語を話せるようになります。もちろん、歌う練習と同じで、フレーズは繰り返している事で自然と身に付くはずです。

    歌は覚えられるけれど、英語は無理と言う事はありませんよね。無理ならば、英語の歌詞が入っている歌は歌えなくなりますよ。誰だって、歌と同じように覚えられるはずですよ。

    好きな歌は自分の一部になっていませんか?

    歌いたいと思った時には歌えますよね。

    好きな歌のように完全に自分の一部になるようなイメージで英語も覚えましょうよ。英語の頻出フレーズは、歌詞よりもずっと短い物です。

    一つの歌を覚えるつもりになれば、いくつものフレーズを覚えられます。そうやって、自分の物になったフレーズが増えると、英会話が成り立つようになるはずです。

    中学生レベルの英単語を覚えて頻出フレーズを暗記すれば、簡単な英会話になる。フレーズの覚え方は口に出すだけです。たったこれだけで、簡単な英会話が可能になります。

    これが、最も効率的で英会話が身に付く学習方法だと考えています。

    よく分からない、疑わしいと言う方に教えます。

    この方法は日本語でも既に取り入れられています。しかも、誰でも知っているくらいに広まっていますよ。

    それが接客マニュアルです。

    接客マニュアルも、その状況でよく使うフレーズをまとめてあるだけです。こう言う状況では、このようにお客様に言いますと書かれていますよね?

    例えば、ファミレスのマニュアルを考えてください。

    店に入ると、大抵は「何名様ですか?」と聞かれませんか?

    それに対して、こちらは「○○人です」と答えます。

    それが英語になれば、英会話の頻出フレーズと言う事になるのです。聞き流すだけよりも、ずっと使える英語だと思いませんか?そう思えた方は、早速始めてみましょう。

    とはいえ、頻出フレーズが分からないと言う方ばかりですよね。

    大丈夫ですよ。

    ここでは、どうすれば英語を話せるようになるかを全て解説しています。つまり、学習方法、その学習方法が良い理由とくれば、その学習方法を実践するために必要な事も紹介していないと変ですよね。

    ですから、この学習方法を実践するための教材も紹介しておきます。これで、すぐにでも勉強を始められるはずです。

    もちろん、その教材が良い理由や優れている所まで体験談と共に紹介しますね。

     

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆