DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

もう一度英語 ビジネスchance【アルク】評価効果レビュー

alc_mou1dobusinesschance

    もう一度英語 ビジネスchanceの評判を検証。もう一度英語 ビジネスchanceを体験した効果を口コミする。ビジネス英語を総合的に学習可能。もう一度英語 ビジネスchanceの内容を私「でいすけ」が口コミ。総合的な評価は?

    もう一度英語 ビジネスchance【アルク】内容・評判

    誰にでも英語が必要な状況が訪れる可能性がないと言う事はありません。

    どんな仕事をしていても、仕事上の対応が英語になる可能性はあるのです。

    そう言う時にこそ、何気なく英語で対応できてこそ、本当のビジネスマンと言えるのではないでしょうか?

    例えば、英語にある程度の自信を持っていても、英語で書かれたメールを毎日のように読んだり、英語サイトの内容を短時間で把握しなければならなかったりするのでは、自身の実力が発揮できない事もあります。

    また、英会話は得意じゃないと言う方もいます。

    このように、ビジネスシーンで使える英語力があっても、その実力を存分に発揮できるとは限りません。

    中には、知識だけがあって、実践力はないと言う方もいます。

    こちらの「もう一度英語 ビジネスchance」は、そのような方が自分の持つ英語力をビジネスシーンで実践できる英語力に磨き上げるための通信講座となっています。

    もう一度英語 ビジネスchance【アルク】体験・感想

    レベルとしては、TOEICが500点程度、英検準2級と言うような方が学習するのに適しています。

    分かりやすく言うと、受験英語をクリアしてきたのに、実際の英会話は全くできない、自信がないと言う方などにお勧めです。

    また、英語の話の内容は大まかには理解できるけれど、細かい所がよく分からないと言う方にも適していると言えます。

    つまり、基本的な英語力があって、あと一歩でビジネスでも使える実践的な英語力になると思っている方に向いている教材と考えています。

    学習はテキストとCDを併用していく方法となっており、とてもオーソドックスな手法と言えます。

    また、学習する題材は、仕事上の1シーンの会話を切り取った形で構成されています。

    よくある状況が想定されているため、ビジネスで使える実践的な英語力が学習できるはずです。

    しかも、ビジネスシーンで使える英語表現や英単語が使われており、特に大切な物や頻出の物ばかりとなっています。

    教材自体は多過ぎると言う事もないのですが、必要な事はキチンと押さえてあり、余計な事はないと言う感じです。

    教材の構成もよく練り込まれているため、CDで想定されているような状況に遭遇する可能性は高くなっています。

    ですから、英語表現や英単語も実践的な物だけにしてあり、余計な物は排除されています。

    しかし、単に重要なフレーズを丸暗記すると言う物ではなく、状況に適したニュアンスやビジネスマナーなども学習できます。

    そのため、上級者であっても有効活用できる内容となっています。

    例えば、即座に提示された英文の要点を把握するために、素早く英文を読んでいく訓練ができます。

    ビジネスマナーで言えば、メールライティングやレディーファーストの必要性などまで学習できます。

    そして、スピーキングやリスニング、リーディング、ライティングと言う英語スキルの全てを学習できるため、総合的にビジネスで使える英語力が鍛えられます。

    ただし、こちらの教材は初心者や中級者向けとなっていて、初歩的な内容しか身に付けられません。

    簡単に言えば、英語で対応しなければならない状況を切り抜けたり、英語圏のビジネスシーンで求められる最低限のビジネスマナーと英語力を学習したりする教材と考えておく方が良いでしょう。

    当然、英語圏で仕事をする事を見据えて学習する時でも、そこがスタート地点になる事は間違いありません。

    そして、そこを目指していく事が第一歩です。

    ですから、こちら教材をクリアしてもこれで十分だと思わずに、更に努力していく事を考えて、こちらの教材を使い始めてもらいたいと思います。

    もう一度英語 ビジネスchance【アルク】効果・評価

    正直に第一印象を語ると、物足りないかも知れないと感じました。

    確かに英語圏で求められる最低限のビジネスマナーや英語力までしか学習できないので、それも仕方なかったかも知れません。

    ですが、この点に関しては少し間違っていました。

    このボリュームが少ないのではありませんでした。

    ビジネスシーンで求められる事は、全てこちらの教材に含まれていました。

    そして、基本以上の事を初めから学習しようと考えるべきではなかったのです。

    なぜならば、基本的な事と言っても求められる英語表現や英単語は意外と多くあります。

    日本語であっても、初めから全てをこなせる方はいません。

    つまり、英語だからと言う事ではなく、どんな事でも初めは基本を完璧に覚える事から始めるべきなのです。

    この事が重要だと感じました。

    また、ビジネスシーンでは、挨拶ができれば良いと言う程度のコミュニケーションでは許されません。

    シッカリとした受け答えが求められます。

    しかも、ビジネスシーンでは数字を取り扱う事がとても多いと言えます。

    ですが、数字を英語で表現していくと言うのは、学校の英語授業ではあまりありません。

    それだけに、こちらの教材で数字に関する表現や受け答えを学習できた事は、とても自信につながりました。

    そして、この数字に関する表現や受け答えが、ビジネス英語では必須能力となります。

    ここでつまずいてしまうと、ビジネス英語をマスターする事は不可能となります。

    もし、本格的に英語圏でビジネスを展開しようと考えていたり、ビジネスに参入しようと考えていたりするのであれば、英語圏で求められる最低限のビジネスマナーや英語力をこちらの教材で身に付けてもらいたいと思います。

    基本の全てがここに集約されているような教材なので、全てを完璧にこなす事は難しいかも知れません。

    上級者でも活用できるような教材なのですから、初めは頻出のビジネス英語に的を絞って学習して、高度な英語に慣れてきたら、バランスを重視して様々なスキルを学習していくのが良いでしょう。

    学習内容を考えて、この程度の英語表現は問題なく使えると言うようであれば、こちらの教材の上級者用に相当する「ヒアリングマラソン ビジネスコース」や「ビジネス英語 クリダス」を使うように勧めたいと考えます。

    もう一度英語 ビジネスchance【アルク】のここをチェック!


     基本的なビジネス英語を総合的に学習できます。
     初級者でも上級者でも使える教材です。
     数字に関する表現や受け答えからビジネスマナーまで学べます。

     

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆